経験しなければわからないこと

春日部市よりお越しのAさん(50代男性)、右肩の痛みと可動域障害右上肢痛に悩んでいます。 レントゲン検査したところ、頚椎椎間板狭小化がみられたそうです。

首や腕の筋肉を押すとあちこちに痛みを訴えました。健康上腕リズムもかなり低下しています。斜角筋棘下筋を圧迫したら右手の痛みが再現できました。

治療に対する反応はとてもよく、すぐに肩は挙がるようになりました。手の痛みが少し残りましたが、これも徐々にとれるでしょう。

加須市よりお越しのBさん(40代女性)、数カ月前より右肩の痛みに悩んでいます。レントゲン検査したところ、石灰沈着性腱板炎と言われたそうです。この方も全身あちこちに圧痛が有りました。健康上腕リズムもかなり低下していました。

治療に対する反応は痛みは改善したのですが、可動域は少し改善したにとどまりました。

徐々に改善するでしょうが、様子をみたいところです。

どこの痛みやしびれでもそうですが、すぐに改善する方とそうでない方がいます。ですが大抵の場合、痛みの改善があると安心して良くなっていくものです。痛みに対する恐怖や不安が痛みを増幅させたり、治りづらくしていますから。

痛みの本態は筋肉や靭帯関節包、皮膚などの痛みセンサー(ポリモーダル受容器等)の興奮であることが非常に多いのですが、これが意外に知られていないのです。

ですから施術して改善があると驚く方が多いです。自分が思い込んでいたものとは全く違ったわけですからね。

色々な治療してもなかなか改善しない場合、原因は筋肉や靭帯にあるかもしれませんね。

 

脊柱管狭窄症と変形性膝関節症

50代女性、1ヶ月前から右膝の内側に痛みを感じ整形外科を受診、レントゲン撮影後変形性膝関節症と診断される。電気治療と痛み止めのみの対処だった為に不安になり紹介で来院。

右膝関節の内側に軽度の腫脹がありましたが、可動域障害はありませんでした。この方は反応が良く、その場で歩行時の痛みが軽減しました。屈伸運動時の痛みは残りましたが、数週間程度で消失すると思います。

60代男性、3年前より腰痛あり。2ヶ月前より急激に両足が痛くなりだしたので病院を受診したところ、脊柱管狭窄症と診断されました。当院受診時は少し症状が落ち着いていたようです。腰部の可動域低下と仙腸関節部の腫脹を認めましたが、神経学的な所見は見られませんでした。1回目の治療後に足の痛みは変わりませんでしたが、腰の痛みが軽減したそうです。4回目の治療でほぼ問題なく生活が送れるようになったそうです。

構造的な異常と痛みとは別問題である可能性が非常に高いです。もし変形や神経への圧迫が原因なら関節や軟部組織の反射機能を回復させて痛みやしびれが消えることはありません。徒手で身体内部の構造を変えることはできませんから、この場合の変形や狭窄は痛みとは元々関係無かった、ということになります。実際にはこういったケースが非常に多いです。

膝の変形や脊柱管の狭窄は全く症状が無い方にも見つかります。膝関節の変形や脊柱管の狭窄で痛みが発生するとは考えにくいことです。もちろん脊柱管狭窄症で下肢の麻痺やサドル麻痺、排尿排便障害が発生した場合は手術が必要になりますが、発生するのは極稀です。

痛みは構造的な問題として捉えるのでは無く、機能的な問題として捉えるべきです。

 

おおしま接骨院では変形性膝関節症と脊柱管狭窄症の治療をしています。

 

あなたの痛み、教えてください。一緒にがんばりましょう。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトをご覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

 

変形性膝関節症の治療で肩こりが無くなる

80代女性、2年前に右膝を物に強くぶつけたのを契機に膝に痛みが発生、整形外科にてレントゲン検査の結果変形性膝関節症による痛みと診断されました。色々な治療を試したが変わらず、知人の紹介で来院されました。

来院時右膝関節にびまん性の腫脹、変形、皮膚の変色を認めました。屈曲拘縮が酷く、30度程曲がったまま伸展できない状態です。

初回の施術では皮膚の色調以外変化が無かったですが、3回目の治療後から改善し始め、5回目の治療で痛みはほぼ無くなったそうです。

高度な変形を伴って関節可動域が低下した場合、残念ながら可動域障害は改善する事も稀にありますが、ほぼ回復しません。関節反射の異常から発生した可動域障害ならば改善します。(変形が軽度の場合、治療してみないとどちらか分かりません。)

ですから治療は変形が軽度なうちになるべく早く痛みを取ることが重要です。変形が高度になった場合、痛みは改善することが多いですが、可動域障害が残ります。

この方の症状は変形性膝関節症の症状もありますが、CRPSの様な症状もありますので完全に落ち着くまで少し時間がかかるかもしれません。

状態によってすぐに痛みが引く場合とそうでない場合があります。

 

先日治療後に患者さんがこう言っていました。

「先生、あんなに頑固だった肩こりがいつの間にか無くなっていました。」

こういった本来治療しに来た場所と違うところの問題も解決するといったケースは多々あります。肩こりは骨盤の仙腸関節の反射機能が低下して起こることがとても多いです。ですから骨盤の治療のみで肩こりが消失したのですね。

おおしま接骨院では肩こりや変形性膝関節症の治療をしています。

 

あなたの痛み教えてください、一緒にがんばりましょう。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

変形性股関節症の痛みはどこから

今日は変形性股関節症について。

50代女性、3ヶ月前より痛み発生。整形外科にてレントゲン撮影し右変形性股関節症と診断される。右足を引きずって来院されました。

来院時右股関節の軽度可動域障害と運動時痛、腰部の可動域低下、仙腸関節部に腫脹を認めた。2回の治療でわずかに改善したが、大きく改善はしなかった。3回目の治療より急激に回復し、6回目の治療でペインスケール1まで改善。以後様子を見ることになった。

変形性股関節症は股関節が変形して痛みが発生する、とされている病気ですが、変形があっても痛みがない方も多く、関節反射の治療で痛みが取れることが多い事から、そんなに変形=痛みと考え込まないほうが良いと思います。

変形性股関節症と診断されたからといって落ち込まないようにしてください。気持ちが落ち込むと疼痛抑制系の働きが低下して痛みも強くなる傾向にあります。

痛みさえとれれば変形していても大丈夫ですよ!

 

 

変形性股関節症の痛みは我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

野球肘の治療 その2

野球肘の痛みを我慢して、中々医療機関を受診しないことがありますが、障害が強くなってからですと可動域障害や痛みなどの症状が残ってしまうこともあり、早めの受診が大切です。

早めに治療できればそれだけ回復も早くなりますし、障害も残さず治ることが多いですよ。

投球時に痛みや違和感を感じたらすぐに医療機関へ行きましょう。

下の写真は極端ですが、両肘を曲げたり伸ばしたりして角度に差がでるようでしたら速やかに医療機関を受診してください。

当院ではACT療法で関節反射の治療を行い、野球肘の早期回復を目指しています。

 

野球肘の治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com