痛みの原因は思い込みにあり!?オーストラリアで行われたキャンペーンについて

オーストラリアで行われた一大キャンペーン 腰痛についての小冊子配布で腰痛に関わる医療費を大幅削減に成功!

欧米の研究者の間では、痛みについての新しい知識を患者さん自身に知ってもらうことで、腰痛など痛みの症状を、よりすみやかに楽にできるという確信が高まっているそうです。

その確信に基づき、1997年にはオーストラリアのビクトリア州でメディアを使った

腰痛に屈するな!という啓発キャンペーンも行われました。

これは最新の科学的根拠に基づき、腰痛は重篤(重い)な疾患ではないことレッドフラッグといわれる危険な兆候のない場合にはレントゲンやMRIなどの画像検査も不要であり、自然治癒が期待できること、また、腰痛があっても安静にしないで日常生活を維持し、仕事を続けること……など、腰痛についての新しい知識を啓発するものであり、The Back Bookという小冊子を配布して広く一般に訴えかけました。

さらに、その冊子から抜粋したメッセージを新聞やテレビなどでも告知したところ、医療費を33億円も削減する結果となり、腰痛による欠勤日数なども減少したのです。

これはつまり、腰痛に関する正しい情報が与えられたことで、多くの腰痛患者が痛みの悪循環から逃れられたことを意味します。

逆にいうと、これまでは骨の変形や軟骨の摩耗、神経に対する圧迫を症状の原因とする損傷モデルを腰痛の「主犯」として考えていたために痛みの悪循環から抜け出せなかった患者さんも少なくない、ということでしょう。


日本でも小規模ですが似たような実験を行っており、2015年末に放送されたNHKスペシャル腰痛治療革命-見えてきた痛みのメカニズム-」の番組内で紹介されましたが、慢性腰痛を患っている方々に協力してもらい、「骨の変形や摩耗は痛みのない方にも普通に見られる」こと、「椎間板ヘルニアは自然治癒することが多い」など、一分間のショートムービーを五本、二週間にわたって見てもらいました。すると二週間後にはビデオを見ただけにもかかわらず、約40%の方の腰痛が改善しました。

また、一回三秒、腰に両手を添えて反らす運動をしてもらったところ、更に約20%の方が改善しました。

治療らしい治療はしていないにもかかわらず、です。

これらのことから、痛みの慢性化には誤った思い込みが強く関係していると考えられそうですね。

皆さんはどう思いますか?

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

 

オーストラリアでの腰痛に屈するなのキャンペーン

1997年、オーストラリアにおいて「腰痛に屈するな」というメディアを使った一大キャンペーンが行われました。これはテレビラジオ新聞ポスター看板小冊子などを使い、腰痛の新しい常識を広く普及させ、腰痛は決して怖いものではないこと、安静にするよりも日常生活動作を続けたほうが改善が早いことなどを紹介したのです。

スクリーンショット 2015-08-09 14.59.35オーストラリアも国民の五人に一人が慢性的な痛みで悩まされています。

キャンペーンの結果、医療費の大幅な削減に成功しました。

これは何を意味するのでしょうか。

腰痛だけではないですが、運動器の痛みに対する誤った思い込みを修正することで痛みから開放される方がたくさんいる、ということではないでしょうか。

事実、オーストラリアなどでは思い込みを修正したことで医療費を削減することに成功しています。

ノートパソコンと犬骨の変形や神経に対する圧迫を痛みの原因とする考え方を「損傷モデル」といいますが、いろんな矛盾や、説明できないことが多くなってきたために現在は生物心理社会モデルに移行しつつあります。

痛みがあるからと活動性が低下するとより痛みが増えてしまうことがあります。ですから勇気を持って知識を得て体を動かしましょう。

多くの場合、痛みは筋膜性疼痛症候群だったり関節の固有受容器の誤作動だったりですから、適切な対処をすれば痛みから開放されることが多いのです。

空を見上げる3世代家族cropped-cover_img.png

腰痛にかかる医療費は高額

職業性腰痛の直接医療費は年間800億円超
順天堂大学の伊藤弘明氏らは、我が国における職業性腰痛の直接医療費を算出し、2011年度は821億円にものぼることを明らかにした。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23955653

腰痛にかかる医療費は高いですね。

以前オーストラリアビクトリア州で「腰痛に屈するな」というキャンペーンが大々的に行われました。腰痛は重篤な疾患ではないこと、痛みがあってもできる限り日常生活動作を続けることをメディアや小冊子などで広めたのです。

その結果、近隣のニューサウスウェールズ州と比べて医療費は20%減少し、労災申請件数も15%減少しました。http://p.tl/cSQr

腰痛に対する誤った思い込みが痛みを誘発したり長引かせているということですね。

日本でもこのようなキャンペーンを行えばかなり医療費が削減できると思いますが、どうでしょう。

余計な不安は痛みを強くするものです。