脊柱管狭窄症で悩んでいる方へ 症例

70代の男性Aさん、2年前の9月に中腰で作業をしてから腰から両足が痛くて悩んでいました。整形外科にてレントゲン撮影をしたところ脊柱管狭窄症との診断を受け、服薬で治療をしていました。歩くと足が痛みますが、自転車をこぐのは平気です。

当院にいらっしゃった時は痛みで体が傾いていました。
オオカンガルー

疼痛性側湾ですね。
痛みで筋肉が緊張して傾いた状態です。
痛みが改善してバランスがとれれば傾きは改善します。

その他は腰を伸ばすのがキツイのと、骨盤の仙腸関節周囲にブヨブヨした腫れがありましたが、神経脱落症状はありませんでした。体のアチコチに押すと痛む場所があります。

もしかしたら筋膜性疼痛症候群かもしれないと判断して施術を開始しました。

2回目の施術までは施術後改善するのですが、時間が経つと痛みが戻ってきていました。3回目の施術後からは徐々に回復し始め、4回目の施術後には大分回復したようです。

お忙しい方なので疲れがたまると痛みが出てきますから現在は定期的に施術しています。

最近は筋膜性疼痛症候群についてテレビ雑誌でも特集されているのを目にするようになりました。

痛みの特効薬は「情報」だと言われています。

痛みに対する古い知識、考え方はアンインストールして新しい知識、考え方をインストール、痛みとはサヨナラしたいですね(*^^*)

症候性の腰部脊柱管狭窄症患者をランダムに外科的減圧術群と六週間の理学療法群に割付、二年後の身体機能を比較した臨床試験で両群に有意差がないことが明らかになった。両群とも二年後に身体機能が同程度に回復しており、効果に男女差は見られなかったという。米Pittsburgh大学のAnthony Delitto氏らが、Annals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告した。 http://annals.org/article.aspx?articleid=2214174

とまあ、こんなデータもあります。

脊柱管狭窄症で苦しんでいる方、多いですよね。
手術するのか、保存的に治療するのか、様々なデータを集めてよく考えてくださいね。

おすすめの書籍



Orthopäde, Rückenuntersuchung

cropped-cropped-cover_img1.png

産後腰痛で苦しんでいる方、多いですね。

産後腰痛で悩んでいる方は多いですね。

産後腰痛とはそのままなのですが、出産後の腰痛です。赤ちゃんの出産には大きな痛みを伴います。その痛みの入力と共に、赤ちゃんが産道を通る際、骨盤仙腸関節周囲の反射が障害され、痛みの元になります。

骨盤の仙腸関節は全身の関節のまとめ役なので、ここがおかしくなると手首が痛くなったり膝が痛くなったりと、体の色々な場所に痛みやしびれの症状が発生しやすくなります。出産直後は心身ともに不安定ですし、心理的な事も関係してきます。

産後腰痛は心理社会的な問題が強く影響していなければ比較的痛みが引きやすい疾患です。(どなたにも多少はありますが)

ホルモンのバランスや、出産後の体力の関係で矯正は産後1ヶ月経ってから受け付けていますが、痛みは入力が長く続くと慢性痛に移行しやすくなりますので、なるべく早い段階で痛みの治療が大切です。慢性化しても大半の方は痛みがとれるのですが、一部痛みがとれづらい状況になる方がいるからです。

 

妊娠している方としていない方の腰部椎間板をMRIで比較した結果、どちらも椎間板膨隆、椎間板ヘルニアに差はなかったhttp://1.usa.gov/luz28A

 

腰痛発症後1年以内の144名と腰痛の無い方138名を対象に骨盤の歪みなどを測定して腰痛との関わりを調べた結果、骨盤の歪みと腰痛とは関連していないことが分かった。http://1.usa.gov/kIBHZm

 

おおしま接骨院では産後腰痛の治療をしています。

おおしま接骨院について、詳しくはオフィシャルサイトhttp://s621.comを御覧ください。

act therapy explanation

腰痛と安静

腰痛になるとまず安静にと言われる事が多いです。また、そうした方が良いと考えている方も多いと思います。

何故安静にと言われるのでしょう?それは椎間板内の圧力が高くなると痛みが発生すると考えられているからです。仰向けになって寝ると椎間板などの内圧が低くなります。しかし腰痛の際、立っていたり、座っていたほうが楽な場合もありますし、必ずしも横になって椎間板内圧を下げることが腰にとって良いとは限りません。

安静にしているよりできる限り通常通りの生活を送ったほうが回復が早い、という事も知られていますし、よほど動けないような痛みでない限り安静にはしないほうが良いでしょう。

腰痛は骨盤にある仙腸関節のセンサーが障害を起こして痛みを発生させることが多いですから、おおしま接骨院ではACT療法で関節センサーの治療を専門に行なっています。もちろん治療中は触られている感じしかしません。

 

腰痛は我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘(外側上顆炎)の治療

の外側が痛くなって病院や整形外科にかかり、「テニス肘」と診断される事もありますが、テニス肘の正式名称は上腕骨外側上顆炎と言います。

ここは手首を伸ばす筋肉が複数くっついている場所で、力がかかりやすく痛めやすいとされています。主な症状は動かした時の痛み、外側上顆を押した際の圧痛などです。

原因は使いすぎが多いのですが、肘にではなく腰にあります。(当院で治療した事がある方はわかりやすいですね)

テニス肘(外側上顆炎)は骨盤にある仙腸関節の反射機能がおかしくなり、ネットワークが乱れて痛みが発生します。発生しやすい場所には特徴があり、

1,以前怪我をしたか痛みが出た場所

2,普段使ってストレスをかけている関節

に痛みやしびれが発生しやすいです。

治療は骨盤の仙腸関節を調整しますが、数回の治療でよくなる事が多い疾患です。

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因と治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com