生活習慣病としての痛み

さいたま市よりお越しのAさん、5ヶ月前より左のお尻から足にかけて痛みとしびれがあります。MRI上は腰椎が変形していて、変形性腰椎症坐骨神経痛と言われたそうです。

当院受診時、痛みのために体が曲がっていたのと、腰が少し浮腫んでいる位で神経脱落症状はありませんでした。あちこちに筋肉の圧痛があります。

先日2回目の施術にいらっしゃいましたが、治療前に話しを聞いたところ、良くなってきたそうです。

腰椎が変形していても痛みがある方と無い方がいますが、この差は一体なんでしょうか。

ある研究によると、腰痛患者200名と健常者200名の腰のレントゲン写真を比較した結果、腰痛患者の20%に、健常者の34%に脊椎の変形が認められたそうです。Fullenlove TM & Williams AJ:Radiology, 1957

変形性腰椎症と言われている方でも痛みが楽になる方はたくさんいます。変形が痛みになるとは考えにくいんですよね。

痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群です。

筋肉が酸欠になってしまって痛みのセンサーが興奮してしまった状態です。

なぜ酸欠を起こすのか。

糖質の過剰摂取、仕事のし過ぎ、睡眠不足や人間関係でのストレスなど、交感神経ばかり緊張している時間が多すぎなんですよね。交感神経の緊張が頻繁に、過剰に行われると筋肉などの組織が酸欠になります。緊張すると手や足先が冷たくなる経験をした方は多いはずです。

その結果が痛みやしびれとなっているわけですね。

要するに痛みやしびれは多くの場合が生活習慣によって引き起こされているわけです。

治療に通って痛みをとるのもいいですが、痛みが発生してしまった生活習慣を見なおして、体を労ってあげることも忘れないで下さいね。

House of paper in hand

施術の感想を頂けました(^^)

引き続き、体調維持のためにお世話になると思います。
よろしくお願いいたします。

魔法のように、治療していただくと効果がすぐわかります。
精神的にも安心して運動、仕事ができます。

おおしま接骨院HP「患者さんの声」の最下部に掲載させて頂きました。(上から順番に掲載しています)

おおしま接骨院HP:http://s621.com

患者さんは両足のに痛みがあったのですが、反応がよく1回の治療でかなり痛みが軽減したそうです。整形外科さんではレントゲン検査して足底腱膜炎と言われていました。

仕事や私生活で忙しく、緊張状態が続くと交感神経が休まる暇がありませんので、緊張が続いた結果、体に痛みやしびれとなってでてきてしまうのですね。

うまく気分転換できるようになると良いと思いますが、忙しい中で生活しているとなかなかできませんね。

感想ありがとうございました(^^)

img138

家族

スーパーライザーと自律神経失調、痛み

スーパーライザーとは、近赤外線治療器です。

近赤外線は温熱効果に優れ、マッサージでは届かない体の奥深いところまで届きます。太陽光に含まれる光ですから、人間にとって安全で無害な光です。

若葉と木漏れ日

スーパーライザーで発生させたレーザーを当院では主に喉の奥にある星状神経節という場所に照射します。これによって交感神経の興奮を抑え、血液の流れを改善し、痛みを軽減させる効果が期待できます。

ondohenka

・ほんわか温かく、全く痛くありません

・照射時間は10分程です

・血流が良くなると体がぽかぽかします

・血流が良くなると痛みがとれやすくなります

・重いストレスやイライラ、不安悲しみ恐怖心などが原因で自律神経に乱れがある場合、星状神経節へスーパーライザーを照射することにより解消することがあります。(これらのストレスが強い場合、体の痛み治療が難航することがありますから、ストレスが強い方はスーパーライザーのご利用をお勧めします。)

痛い、ツライなど一切ない体に優しい治療方法です。

是非ご利用ください(^^)

スクリーンショット 2015-08-25 15.38.23

糖質の過剰摂取と筋肉痛

糖質の過剰摂取と様々な症状については近頃色々なメディアで言われるようになりましたから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

昔と違い、現代の人々は食生活に問題を抱えている方が多いです。特に大きい問題は糖質の過剰摂取です。

糖質の過剰摂取は低血糖症を引き起こします。そしてインスリンの過剰分泌が起こるようになると、糖代謝や血糖値を上昇させる各ホルモンの分泌が亢進します。この際体内に蓄えられているタンパク質ビタミンミネラルなどが消費されてしまいます。

更に、白米やパンなどの糖質主体の食品には体に必要なビタミンやミネラルがほとんど含まれていませんから、糖質を過剰に摂取する食生活を送っている方は栄養欠乏も起こしてしまいます。(糖質の代謝にはビタミンB1、B2、カルシウム等を消費)

書籍「心療内科に行く前に食事を変えなさい」によると、体調不良を訴えて心療内科を訪れた300人中なんと296人が糖負荷試験の結果、低血糖症だったといいます。

また、栄養成分を見てもらうとわかりますが、昔の食物に比べて現代の野菜などはミネラルの含有量が非常に少なくなっているそうです。

ただでさえミネラルの摂取が不足しているのに、糖質を大量に摂取すれば、ミネラル不足になるのは容易に想像できますね。

糖質の過剰摂取 = ビタミンB1、B2、カルシウム等の欠乏。

糖質の過剰摂取 → 血糖値急上昇 → インスリン分泌 → 血糖値急降下 → アドレナリンノルアドレナリン糖質コルチコイドなどが分泌 → 血糖値上昇 → 糖質を摂取する度繰り返す

低血糖症になった結果交感神経が興奮を続ける状態になってしまい、その結果異常な疲労感、昼食後の眠気、集中力の欠如、めまいふらつき物忘れが酷い、目のかすみ、日光がまぶしい、甘いものが欲しくなる胃腸が弱い、口臭、起床時の疲れ、偏頭痛手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸がする、頻脈、狭心症に似た症状、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなど、様々な症状が出てきてしまうのですね。

興味がある方は「低血糖症 症状」や「低血糖症 筋痛」などで調べてください。

清涼飲料水お菓子加工食品などにはたくさんの砂糖が使われています。全く摂るなとは言いませんが、痛みがなかなか引かない方はこういうこともあるのだと頭の片隅に入れておいてくださいね。

フルーツタルト

冷房病と痛み

最近は流石に暑くなってきましたので、当院でも冷房を入れるようになりました。

冷房を入れると体調が悪くなる。よく聞く話ですが、そんな経験をしている方は多いのではないでしょうか。

冷房病と言う言葉があります。正式には存在しない病名ですが、強い冷房が効いた空間に長い時間いたり、温度差が激しい所を行き来することによって起こる体調不良と言われています。

実際には冷房との関連はハッキリしないと言われていますが、流石にこれだけ多くの方が訴えるとなると、関係性は否定出来ないと思います。なんでも病氣にする必要もありませんが。

以下はウィキペディアからの引用ですが、人間の体温調節をしている自律神経は、5℃以上の急激な温度変化に対処できないために、それが繰り返されると交感神経副交換神経のバランスが崩れてしまい、自律神経失調類似状態となる、とあります。

なお、冬場暖房でも同様の温度差がありますが、着物などで体温調節機能が補われるため、冷房病の様な症状が発生することは少ないそうですし、これは実際にあまり聞きません。

冷房病の症状は頭痛肩こり神経痛腰痛体の冷え月経不順鼻炎不眠頻尿下痢便秘食欲不振腹痛疲労感浮腫(むくみ)など、様々な症状を引き起こします。

対策としては

・冷房を弱くし、なるべく外氣温との差を5℃以内にする。

・冷房の冷風が直接当たらないようにする。

・適度に運動して体温調節機能を刺激する。

・厚着をする。

・ストレスをためないようにする。

冷房の風が直接当たる方の訴えは多様で、自律神経症状を伴っていることが多いです。職場にお願いしてフラップ付けて直接風が当たらないように対処してもらえるとよいと思いますが、対処してもらえるでしょうか。体調不良のまま仕事をしても効率悪くなりそうです。

さて、最近知ったのですが、空気を冷やしたり温めたりするのに現在のエアコンに替わる機械が発売されているようですね。光冷暖といいますが、興味のある方は光冷暖のサイトをご覧ください。

光冷暖公式サイト http://www.a-hikari.com/

でも、温度差が大きければ同じかな?w

クーラー

高いレベルのストレスは痛みを引き起こしているか?

スウェーデンにて実施された長期間にわたる調査の最新報告によれば、高いレベルで「ストレス」を感じている中年女性のうち40%が筋骨格痛を進行させている。「THE BACK LETTER 2013年8月号より」http://journals.lww.com/backletter/

交感神経の持続的緊張が続くと筋骨格系に痛みを発生させたり増悪させるのは医療関係者の間ではもはや常識です。

こういった事実がもっと一般に広がっていけば痛みの治療はもっと楽になるし、そもそも痛みで悩む方が減るでしょう。早くそんな時代がくれば良いですが・・・。

長期休暇の前後は痛みを出す人が多い

この時期は患者さんが増えます。

・休暇をとっていたら痛くなった

が遠くから来ていたから相手をしていたら痛くなった

・明日から仕事なので用意をしていたら痛くなった

などの理由が多いですが、交感神経の緊張状態が関係しているんですよね。

普段仕事している間は気がはっているので風邪をひいたり痛みを出すことはないのですが、長期休暇に入り気が抜けると体調を崩す。

そんな経験ありませんか。

休みになる度に体調崩す方いますね?

運動器に発生するか上気道に発生するかの違いです。おじいさんおばあさんも大変ですw怪我させちゃいけないし、それが何日にもなると疲れて体調を崩すわけです。

心理社会的要因 = ストレス 交感神経緊張

まあ、そんなこともあるんだ程度に読んでください。

五十肩になるのかな?

群馬県よりお越しのBさん、1ヶ月ほど前より右肩が痛くなってきました。日に日に痛みが強くなっていた所、知人にうちの話を聞いて来たそうです。

健康上腕リズムが極端に悪くなっていました。トリガーポイントもかなりあります。何かストレス不安になっているような事は無いか?と聞きましたら最近ご友人が体調を崩して心配していたとのことです。

極端に症状が強くでている場合、心理社会的因子が強く絡んでいることが多いと思います。

ですが治療してみたらその場で挙がらなかった手がほぼ上がるようになりました。心理社会的因子が強く絡んでいるとその場ではイマイチな反応が多いのですが、こんなこともあります。

後ろに手を回すと少し痛いのが残りましたが、上手くいけばこのまま治療しなくても大丈夫でしょう。しても1,2回かな?

痛みは外力を受けた時や交感神経緊張が続いた場合に発生することが多いんです。ストレスが強い環境にいると痛みを発生しやすい訳です。それが胃に出れば胃潰瘍などになりますし、肩に出れば肩こりや五十肩と言われるわけです。

生理的な機能が障害を起こして発生するわけです。それが内蔵に出るか運動器に出るかはその方のタイプによります。因みに私は運動器に発生しやすいタイプなので調子崩すと腰が痛くなります。自分で治療しますけど。

緊張して下痢したり具合悪くなったことあるでしょう?

捻挫後にいつまでも続く痛み

30代女性、半年前に右足関節を段差にとられて捻挫した。大したことが無いと自己判断し放っておいたが、いつまでも痛みが引かずに来院。

初診時右足関節外側部にびまん性に浮腫があり、外果部周囲の皮膚色調変化発汗過多、圧痛と運動時痛がありました。

この場合、CRPS TypeⅠが疑われます。

CRPS TypeⅠとは軽い外傷等の後に発生し、明らかに刺激となった怪我とは不釣り合いな症状を発生させる疾患で、痛み、浮腫、皮膚血流の変化、皮膚変色、アロディニア多毛爪の変化、発汗異常などが見られます。

昔は外傷後に交感神経の異常興奮が起こり、それによって痛みの悪循環が生じてしまったものと説明されていましたが、交感神経ブロックを行なっても逆に症状が増悪するものもあります。

この方は治療後に皮膚の変色の改善と接地した際の痛みが軽減しました。先日3回目の治療で日常生活に支障は無くなったそうです。たまに少し痛みが出る程度との事。

症状の程度によりますが、完全に元通りに戻る事は少ないです。しかし、日常生活に支障が出なくなるまで回復する事は多いです。

この場合もやはり早期発見早期治療が大切になります。

 

 

あなたの痛み、教えてください。諦めないで一緒にがんばりましょう。おおしま接骨院について、詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation