施術の感想をいただけました(^^)

施術の感想をいただけましたので紹介いたします。

腰部脊柱管狭窄症で右足にしびれが有り手術しか無いと言われたのと、五十肩で右肩が上がらなかったのと後手に組めなかった。
友人がおおしま接骨院に通院して腰部脊柱管狭窄症が直ったと聞き半信半疑で通院を始めて3回目の施術後より徐々に回復しています。
現在8回目で脊狭症も五十肩もほとんど回復して感謝感激をしています。

埼玉県深谷市 S,Nさん 

施術の感想をありがとうございました。
回復して良かったですね(^^)

S,Nさんは重い物を持ち上げたことがきっかけになって今回の症状が発症しました。
特に神経脱落症状もなく、体のアチコチに筋肉の圧痛があったことから筋肉の問題かもしれないと疑い施術しました。

健康な70代でもレントゲン上は脊柱管の狭窄が6割に写ると言われています。

危険信号レッドフラッグ)の無い腰痛に画像検査は無効であるばかりか患者さんの恐怖や不安を煽ってしまいマイナスになるから勧めない、と言われているのですが日本の場合健康保険制度状病名をつけなければいけません。

この不安と恐怖がとても厄介ですよね。

痛みの特効薬は「正しい情報」だと言われています。
時代遅れの考え方に囚われること無く、積極的に新しい考え方を取り入れ症状から開放されると良いですね。

 

 

先日Facebookで知り合いました伊藤かよこ先生が「人生を変える幸せの腰痛学校」という本を出版されました。世界初の読んで治す小説形式の書籍だそうですが、とても読みやすく、すっと頭に入ってきますよ。

本を読むことで正しい知識、情報を知り、考え方を変えて行動していく「読書療法」は最新の「腰痛診療ガイドライン」でも強く推奨されているそうです。

痛みから解放されるにはまず正しい知識から。
未来に負の遺産を残さないためにも、さあ、皆さん始めましょう(^^)

人生を変える幸せの腰痛学校 ―心をワクワクさせるとカラダの痛みは消える

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

 

施術の感想をいただけました(肩と膝の痛み)

施術の感想をいただけましたので掲載します。

Q7
痛さがない

Q8
やさしい対応です

Q9
通院2回での痛みが取れて
先生の神の手は凄いの一言です
本当に感謝しています。

kansou※画像をクリックすると大きく表示されます。

素晴らしい感想をありがとうございました。

さいたま市よりお越しのAさんは、だいぶ前から両肩と両膝に痛みがありました。

整形外科さんでは五十肩神経障害性疼痛と言われたそうです。

Acute pain in kneeうちにいらっしゃった時、肩は肩甲骨の動きがかなり障害されていて、体中のあちこちに筋肉圧痛がありました。

膝は軽い屈曲制限と筋肉の圧痛があるくらいでした。

初回の施術でかなり良くなったみたいでして、先程3回目の施術をおこなったのですがほとんど大丈夫な状態だそうです。

もう大丈夫だと思いますが、心配ならあと1,2回施術、というところでしょうか。

Aさん回復して良かったですね。

3d rendered illustration of an active receptor一般的に言われている急性痛慢性痛は痛みが出ている期間をもとに言いますが、慢性痛でもすぐに痛みがとれる方はたくさんいますし、急性痛でもなかなかとれない方もいます。

痛みには様々なものが複雑に関係してきますので、その痛みがどの位でとれるかはなかなか判断できないのです。

痛みは個人の経験ですから。

五十肩や神経障害性疼痛と言われていたけれども実は筋肉の痛みだったなんてことはよくあることです。

痛みに対する恐怖不安は痛みを頑固にして難治にしてしまう傾向があります。

Depressed 3d man sitting in corner of room病名を付けられてしまうとそればかりを考えて一日を痛みばかり考えて過ごしてしまうようになる方がかなりいますね。

読んでいてギクッとした方はいるのではないでしょうか。

痛みのことばかり考えて生活していると痛みがとれづらくなってしまいますよ。

痛みには原因があり、大抵の場合は解決可能なのです。

何ヶ月、何年と痛みが続いている場合、現在の対処が適切で無い可能性があります。
その場合、痛みに対する考え方、捉え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

運動しているシニアの3人組cropped-cover_img.png

 

痛みが治まったら他が痛くなった

さいたま市よりお越しのAさん、ストレッチをした後から右に痛みが発生し、徐々に手が挙がらなくなってきたそうです。レントゲン検査では骨に異常はなく、五十肩と言われたそうです。

当院受診時、腕の挙がりが少し悪くなっていましたが、それほどではありませんでした。筋肉の圧痛があちこちにあります。

先日2回目の治療前にお話を聞いたら右肩は大分良くなったそうですが、数日前より右が痛くなってきたそうです。ご本人に痛めた記憶は特に無いようでしたが。

「痛い所が良くなったら他が痛くなった。」

これはよく聞く話ですね。これには広汎性侵害抑制調節が働いている可能性があります。これについて過去に記事を書いてありますので、興味のある方はご覧ください。

痛みで痛みが抑えられる

先日の台風が去ってから毎日暑い日が続きますね。水分とミネラルの摂取は積極的に行ってくださいね。

aquarium window in Okinawa, Japan

筋肉のコリでも力が入らなくなる

さいたま市からお越しのAさん。明け方右肘の痛みで目が覚めました。来院時右肘外側の痛みと、右手の握力低下を訴えていました。最近字を書くことが多く、手が疲れていたそうです。

肘と手首の動く範囲が少し健康な方に比べて低下していました。右肘外側と母指、人差し指周囲の筋肉に圧痛がありました。

その場でモミモミマッサージしたら楽になったそうです。筋肉のコリが原因の症状ですね。筋筋膜性疼痛症候群(MPS)などといったりするのでしょうか。その後矯正したら更に楽になり、握力も回復しました。

筋肉が凝っていたり、関節間の連携が悪くなっていると力が入りづらくなったり、力が抜ける事はよくあります。例えば肩こり五十肩テニス肘などでは手指に力が入りづらくなることはよくあることです。

脚であれば膝痛(変形性膝関節症など)の方は膝崩れ現象(力が抜けてカクっとなること)、腰椎椎間板ヘルニア母趾背屈力低下などです。

これらは筋肉や関節間の問題が原因で起こることが多いですから、神経の問題ではないことが多いです。もちろん本物の神経の症状の場合がありますから、注意深く観察しなければですが。

なんでもかんでも神経のせいにしないことです。筋肉のコリでも脱力は発生します。

 

施術時間等のお知らせ

電話での問い合わせは多いですが、よく質問される事について説明します。

○当院は予約制ではありません。来院する際は診療時間内にお越しください。なお、初診の方は受け付け終了30分前までに受付していただくと助かります。

○施術時間は下図の通りです。

img1

たまに勉強会などでお休みを頂くことがありますので、最新の情報はオフィシャルホームページで確認いただけますと幸いです。http://s621.com(ページ最下部にカレンダーが表示されています)

○当院の治療方法について

皆さんが経験している多くの痛みしびれは侵害受容性疼痛といって、筋肉や皮膚、関節靭帯や関節包などに存在する「ポリモーダル受容器」の興奮によって発生しています。当院の治療はこの痛みセンサーであるポリモーダル受容器に特殊な刺激で働きかけ、興奮を沈静化して痛みやしびれを取り除く治療方法です。

治療時間は5分ほどで、極微弱な触刺激を皮膚に与える施術ですから「触られているだけ」の感じしかありません。よくあるバキバキボキボキする矯正術や、強い刺激のある治療方法ではありませんので、治療に刺激を求める方や、長い時間の施術を求める方には向いていません。

○当院の治療対象

オフィシャルホームページにも掲載されていますが、

当院で治療対象になるのは

***************************************************************************************************

痛み・しびれ・いわゆる神経痛脱力拘縮コリなど

緊張性頭痛偏頭痛肩こり五十肩肩関節周囲炎腱板炎むち打ち(鞭打ち)・ルーズショルダー胸郭出口症候群など、手の痛みやしびれ

腰痛(腰椎分離症腰椎すべり症変形性脊椎症椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄・坐骨神経痛)など体幹部の痛みやしびれ

変形性関節症変形性膝関節症変形性股関節症など

その他原因のはっきりしない痛みやしびれ

筋筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial pain syndrome)

婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛月経前症候群など)

***************************************************************************************************

対象にならないのは

神経障害性疼痛(CRPS TypeⅡなど)

内臓からの痛み・悪性腫瘍・化膿性関節炎等

***************************************************************************************************

わからないことがある場合は電話でお問い合わせください。

もっと単純に考えよう

痛みやしびれはほとんどが筋肉由来のものです。

現代医学は幸か不幸か、画像診断機器が発達してしまったおかげで痛みの原因を骨の変形神経への圧迫に求めるようになってしまいました。

確かに、体の内部を画像化することで救われる方もいます。しかし痛みに関してはなかなかうまくいっていないのです。

それはすでに様々な研究により明らかにされていますが、知らない方はまだまだ多いようです。

昨年末日本でも腰痛診療ガイドラインが発表されましたね。「腰痛の発症と慢性化には心理社会的因子(ストレス)が関与していて、危険信号(レッドフラッグ)がない限り画像検査は不要」とされたものです。http://www.nankodo.co.jp/wasyo/search/syo_syosai.asp?T_PRODUCTNO=2269421

「痛みの発症と慢性化に心理社会的因子が関与する。」

これは腰痛に限ったことではありません。肩や膝などでも同じことです。

心が痛いと体も痛い」

まさにその通り、心身一如なんですね。

ストレスで胃潰瘍十二指腸潰瘍になることは皆さんご存知だと思います。

しかし全てではないですが、心理社会的要因が原因で手や足などの運動器に痛みが出ることは以外に知られていません。様々な要因によりココロに問題が生じ、体の生理的な機能が障害を起こす。逆もまた然り。体の痛み→不安恐怖でストレス→痛み増強が多いのですが。

それが胃に出れば胃炎や胃潰瘍などと言われるし、手や足などの運動器に出れば五十肩や腰痛、坐骨神経痛などと言われます。

体にでる症状は生理的な機能の障害なのです。

昔は画像診断機器も無かったし、軟骨や神経などという概念もありませんでした。しかしかえってその方が重く考えることもないし、苦労なく治っていたのではないでしょうか。痛みが出たら近所のマッサージ指圧鍼灸などで治癒したことでしょう。運動器に発生する痛みやしびれはその多くが筋肉や関節包靭帯などの軟部組織由来だからです。

ですから、筋肉が柔らかくなれば多くの痛みは消えます。

もっと単純に考えましょう。複雑に考えることにより治癒が難しくなるケースが多々見られます。人は不安や恐怖が増すと痛みを制御する機能が低下して痛みの強度が増すからです。

骨の変形や神経への圧迫で痛みは発生しにくいのです。強い力で締め付ける(絞扼する)と麻痺になります。これはそうそう見るものでもないです。知覚鈍麻知覚脱失神経原性筋萎縮など、見ればすぐに分かるものです。

痛みに対する不安や恐怖が痛みを雪だるま式に増やします。だからそうならないためにも、なかなか治らない方は痛みに対する知識のアップデートや運動が必要になります。

 

 

 

2回の治療でほぼ治癒した五十肩

近くからお越しのAさん(70代)、当院への通院歴があります。2週間前より誘引なく左肩が痛くて挙がらなくなってきました。

健康上腕リズムの低下と複数のトリガーポイントを見つけました。1回目の治療終了直後は軽度の改善だったのですが、日が経つごとに回復し、2回目の治療にいらっしゃった時には最初の半分まで痛みは取れてました。このまま問題なければもう治療の必要はないでしょう。病名つけるなら五十肩肩関節周囲炎でしょうか。病名はどうでもいいですが。(全ての方がすぐに良くなるわけではないですよ。)

Aさんは以前ぎっくり腰があり、その時もすぐに回復しています。回復した経験があると次も回復しやすいと思います。「あそこに行けばすぐに良くなる。」といった安心感や期待感が大きくなりますから。これはとても重要な要素だと思います。

それと発症して間もなくでしたから回復も早かったのでしょうね。これが長い間痛みの入力が続いて慢性痛症化すると大変になります。治療するなら早めです。しかし長期間痛みが続いていても慢性痛症化していなければすぐに良くなりますから、痛みがあった期間だけでは急性痛なのか慢性痛症なのかはわからないわけです。治療して経過見ないとですが・・・。

心理社会的要素が強く関係している肩痛は両側に発症したり、可動域が極端に障害される傾向があるような気がします。手にも何らかの症状がある場合は肩手症候群(RSDまたはCRPS)を考えます。

いずれにしても、痛みは早く治療して沈静化させるのが一番です。

act therapy explanation

年をとると肩の腱板断裂している方は多い(肩関節腱板断裂)

肩の痛みで来院する方はたくさんいます。

多くは野球肩四十肩五十肩ですが、腱板断裂でいらっしゃる方もたまにいます。

腱板とは主に棘上筋腱の事を指しますが、この腱板は年齢とともに切れている方が増えていきます。痛みがあって腱板が断裂していても痛みが発生する前に元々切れていたかもしれませんし、そうでないかもしれません。

○無症候性肩における腱板完全断裂の頻度

造影による腱板断裂の頻度を調べたところ、125肩のうち腱板完全断裂を認めたものは44肩,35.2%であった。

腱板断裂があっても痛くない方はたくさんいます。もちろんスポーツなどで怪我して断裂した場合は痛いのですが。

肩痛の多くは侵害受容性疼痛ですから、痛みのセンサーが興奮しているのです。筋肉や靭帯、関節包の受容器を正常化すれば一部を除き痛みは改善していく例がほとんどですから、いつの間にか断裂していた腱板は痛みの原因にはなりにくいので、(ほとんどないと思いますが)気にしなくていいと思います。

act therapy explanation

診療時間とアクセス

診療時間(受付時間)

img1

土曜日と日曜日は午後五時半で受付終了です。

予約制ではありませんので、診療時間内にお越しください。初診再診の場合、少し時間に余裕を持ってお越しください。

 

地図駐車場の案内

〒349-0124

埼玉県蓮田市末広2-1-2

JR東北本線(宇都宮線)蓮田駅西口下車徒歩1~3分、auショップ様の並び

map


大きな地図で見る

駐車場写真2

第一駐車場に四台、第二駐車場に四台停めるスペースがあります。治療時間自体短いので満車でもすぐに空きますが、近くにコインパーキングも点在しています。

 

◯診療カレンダー

http://s621.com(Mobile用はこちらhttp://s621.com/mb)のページ最下部に表示されています。勉強会等で急に診療予定が変更になることもありますので、来院前は確認いただけますと助かります。

 

◯治療対象

◯当院で治療対象となるのは
・整形外科領域の諸症状(痛み・神経痛・しびれ・凝りなど)
緊張性頭痛 肩こり五十肩 胸郭出口症候群 むちうち
腰痛脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア腰椎分離症すべり症変形性脊椎症等)
坐骨神経痛
変形性膝関節症 変形性股関節症 その他原因がはっきりしない手や足のしびれ全般
・婦人科領域の諸症状(産後腰痛生理痛など)
・筋筋膜性疼痛症候群(MPS)
◯治療対象とならないのは
本物の神経の痛み(本物の神経痛は少ないです)
内臓からの痛み 悪性腫瘍 化膿性関節炎等

詳しい病名や症例はブログに書いてありますので、そちらを参照ください。

分からないことがあればお気軽にお電話ください。 電話 048-764-1190

uketuke

肩の痛みと腕の痛み

60代女性、3ヶ月前より左肩痛と両腕に痛みが発生した。整形外科にて腱鞘炎と説明。段々と痛くなって不安になったので来院。

来院時左肩は可動域の低下と運動時痛を認めました。左手はびまん性の浮腫と可動域低下、皮膚の色調変化に多汗を認めました。

腰部に可動域低下と仙腸関節周囲に腫脹がありましたので治療したところ、初回の治療にはほとんど反応しなかったですが、2回目の治療から反応し始め、3回目の治療で両腕と左肩の痛みは気にならなくなったそうです。これも関節や軟部組織の反射機能が低下していた為に起こってた症状です。

まだ可動域低下があまり改善していませんが、これは肩甲骨の動きが回復するのは時間がかかるためです。しかし、治療して痛みが無くなれば放っておいてもほとんどの場合回復します。ですから四十肩五十肩などの肩痛の治療は痛みが無くなるまでで大丈夫です。

左手は痛みが和らぎましたが、もう少し時間がかかると思います。

 

四十肩や五十肩などの場合

痛みの改善

可動域の改善

といったケースが多いです。勿論痛みと可動域障害が同時に治る場合もあります。

 

あなたの痛み教えてください、一緒にがんばりましょう。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

 

 

五十肩(四十肩)の原因は腰にある事が多い

四十肩五十肩などに代表される肩関節の痛みについて

四十肩や五十肩は40代50代に多く見られる疾患で、肩関節周囲炎などの俗称です。主に肩を動かした時の痛みと可動域障害の二つが症状としては見られやすいです。

40代女性、数年前より右肩に痛みと可動域障害。近医にて四十肩(五十肩)と診断され理学療法等で治療するも改善せず、整体やカイロプラクティックを転々としていた。

来院時腰の可動域低下、右肩の肩甲上腕リズム低下が見られた。

施術後可動域は大幅に改善したが、痛みの改善はわずかであった。慢性化した痛みの場合、中枢性感作が起きている可能性が高いので、この様にその場で痛みが大きく変化しない事もあります。しかし、時間と共に痛みがとれるので心配は無いです。

三度目の治療でほぼ痛みが無くなり、現在に至る。

どうしても痛みがある場所に原因を求めてしまい、肩に対する治療をしがちですが、骨盤の仙腸関節が機能障害を起こして肩に痛みが出る事がとても多いので、腰から治療することをお勧めします。

 

 

おおしま接骨院では四十肩や五十肩の治療をしています。勿論治療中に痛みは伴いません。

 

四十肩や五十肩の痛み、我慢しないで私達に相談してください。詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com

act therapy explanation

五十肩の原因と治療

五十肩四十肩)の原因と治療について

五十肩(四十肩)とは痛みと可動域障害を2大症状とする疾患で、40代50代の方が発症しやすいことからこの名前が付けられています。

この他症状により肩関節周囲炎凍結肩腱板損傷などの名前がつくこともあります。

症状に関してですが、一番多いのは先にも書きましたが痛みと可動域障害です。

この他に夜間痛、上腕や前腕にかけての放散痛やしびれ、冷感など様々な症状がでます。

五十肩の原因は様々ですが、関節反射の障害を矯正すると改善していくケースが多い事から、関節反射の異常が多いと考えています。

関節の周囲には靭帯や関節包といった組織がありますが、その内部には関節の動きや周囲の筋緊張、関節内部の圧力を監視、コントロールしているセンサーが存在しています。

そのセンサーの働きを関節反射といいます。

何らかの原因でこの反射機能が障害されると、運動器に痛みやしびれ、可動域障害となって現れます。

治療に関してですが、反射機能を改善することにより大部分の方は可動域と痛みが改善していきます。当院の治療では無理やり動かしたりしませんので治療中に患者さんが痛みを感じることはありません。

 

五十肩の原因と治療について詳しくはおおしま接骨院オフィシャルサイトを御覧ください。http://s621.com