施術の感想をいただけました(^^)

本日も施術の感想をいただけましたので紹介します。
痛みで悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

いつの頃からか、腰から右足のつけ根辺りの痛みを感じるようになり、数年前からは痛みの為、続けて歩行することが困難な状態となりました。
途中で休み休み、ようやく目的地に辿り着くありさまで、日常の買い物中でも何度も店内で休憩をとらないと買い物が終われませんでした。
知人からの紹介により、当接骨院を知り、治療をしていただきました。
加齢の為とあきらめておりましたが、従来の腰痛の捉え方も変えることができました。
数回の治療で痛みがすっかり軽減し、おかげさまで日常生活から苦痛が消え、快適な日々となっております。   NMさん

素晴らしい感想をいただきましてありがとうございました(^^)
改善して良かったですね。

Nさんは10年も前から痛みに悩まされていたそうです。整形外科レントゲン撮影し坐骨神経痛変形性腰椎症の病名をもらい、加齢からでもう治らないと説明されたそうです。うちに通院していた患者さん達から紹介されていらっしゃいました。

初回右側にかなりつよく傾いていました。疼痛性側弯ですね。
それとアチコチに筋肉の圧痛がありました。
初回の施術には反応があまり良くなく、2回目の治療後痛みが半分ほどになり、本日5回目の施術でしたが痛みが全く出ない時間が増えたとのこと。
楽に生活できているようでとても嬉しそうにお話いただきました。

Nさん痛みが改善して良かったですね。
それにしても10年は大変だったでしょう。

危険信号レッドフラッグ)の無い腰痛にレントゲンやMRIなどの画像検査は無効と言われていますし、腰痛がある方にも無い方にも画像上の変形や神経に対する圧迫は普通に見られるものです。

これだけネットが発達して情報が手に入りやすくなってもなかなか痛みに対する考え方って変わっていかないんですよね。どうしてでしょう?不思議でなりません。

まだまだ考え方が変化していくには時間がかかりそうですから、先に患者さん側が変わって対処した方が早く改善しそうですね。

痛みを知るための本としてうちが今オススメしているのは伊藤かよこ先生の「人生を変える幸せの腰痛学校」ですね。

どこへ行っても良くならない場合、良くならない理由が何処かにあるはずです。
それを見つけるヒントになるかもしれません。

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

施術の感想をいただけました(^^)

施術の感想をいただけましたので紹介いたします。

腰部脊柱管狭窄症で右足にしびれが有り手術しか無いと言われたのと、五十肩で右肩が上がらなかったのと後手に組めなかった。
友人がおおしま接骨院に通院して腰部脊柱管狭窄症が直ったと聞き半信半疑で通院を始めて3回目の施術後より徐々に回復しています。
現在8回目で脊狭症も五十肩もほとんど回復して感謝感激をしています。

埼玉県深谷市 S,Nさん 

施術の感想をありがとうございました。
回復して良かったですね(^^)

S,Nさんは重い物を持ち上げたことがきっかけになって今回の症状が発症しました。
特に神経脱落症状もなく、体のアチコチに筋肉の圧痛があったことから筋肉の問題かもしれないと疑い施術しました。

健康な70代でもレントゲン上は脊柱管の狭窄が6割に写ると言われています。

危険信号レッドフラッグ)の無い腰痛に画像検査は無効であるばかりか患者さんの恐怖や不安を煽ってしまいマイナスになるから勧めない、と言われているのですが日本の場合健康保険制度状病名をつけなければいけません。

この不安と恐怖がとても厄介ですよね。

痛みの特効薬は「正しい情報」だと言われています。
時代遅れの考え方に囚われること無く、積極的に新しい考え方を取り入れ症状から開放されると良いですね。

 

 

先日Facebookで知り合いました伊藤かよこ先生が「人生を変える幸せの腰痛学校」という本を出版されました。世界初の読んで治す小説形式の書籍だそうですが、とても読みやすく、すっと頭に入ってきますよ。

本を読むことで正しい知識、情報を知り、考え方を変えて行動していく「読書療法」は最新の「腰痛診療ガイドライン」でも強く推奨されているそうです。

痛みから解放されるにはまず正しい知識から。
未来に負の遺産を残さないためにも、さあ、皆さん始めましょう(^^)

人生を変える幸せの腰痛学校 ―心をワクワクさせるとカラダの痛みは消える

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

 

施術の感想をいただけました(^^)

施術の感想をいただけましたので紹介します。

私は腰の痛みで歩くのも辛く、整形外科に1年半通いました。
しかし痛みが止まらず、色々迷っていた時、久しぶりに知人と出会い、その紹介でおおしま先生をたずねることが出来ました。先生は穏やかに今日までの病状を良く聞いて下さいました。
先生から「①なやまず(ストレス)②痛さは脳で感じる③自身も治す心掛ける」の教え。
治療は体の左右をやさしく触ったり、軽く揉むだけで、他に薬やリハビリ等全くなし、2週間に1回通うだけ。
最初の内は疑心不安でしたが、半年後から痛みがやわらぎ、今は全く痛くありません。
魔法の手、信じられないが元気で80才を迎え、うれしさと感謝の気持ちで一杯です。
先生ありがとう最高によかった!!です。

大場さんは20年近く前から腰と両足に痛みとしびれがあり、いろんな治療をしたが改善しなかったとのことでした。レントゲンやMRIを撮影して変形性脊椎症脊柱管狭窄症とのこと。

ご友人の紹介で初めて当院を受診したときは痛みで体が曲がっていました。腰をそらすことができない状態でしたが、神経脱落症状はなく、アチコチに筋肉の圧痛があったため、もしかしたら筋膜性疼痛症候群MPS)かもしれないと考え、施術しました。施術後2週間ほどで7割ほど良くなったとのこと。一時良くなったり悪くなったりを繰り返しましたが、現在はほとんど症状はなくなっています。

大場さん、改善して良かったですね。(^^)

感想をいただけると嬉しいですし、また喜んでもらえるように頑張ろうと思えます。
また、同じ様な症状で悩んでいる方は改善例を知ることによってより改善しやすくなります。

よろしければHPをご覧になって参考にしてください(^^) HP患者さんの声

ohbasankansou

cropped-cropped-cover_img1.png

脊柱管狭窄症で悩んでいる方へ 症例

70代の男性Aさん、2年前の9月に中腰で作業をしてから腰から両足が痛くて悩んでいました。整形外科にてレントゲン撮影をしたところ脊柱管狭窄症との診断を受け、服薬で治療をしていました。歩くと足が痛みますが、自転車をこぐのは平気です。

当院にいらっしゃった時は痛みで体が傾いていました。
オオカンガルー

疼痛性側湾ですね。
痛みで筋肉が緊張して傾いた状態です。
痛みが改善してバランスがとれれば傾きは改善します。

その他は腰を伸ばすのがキツイのと、骨盤の仙腸関節周囲にブヨブヨした腫れがありましたが、神経脱落症状はありませんでした。体のアチコチに押すと痛む場所があります。

もしかしたら筋膜性疼痛症候群かもしれないと判断して施術を開始しました。

2回目の施術までは施術後改善するのですが、時間が経つと痛みが戻ってきていました。3回目の施術後からは徐々に回復し始め、4回目の施術後には大分回復したようです。

お忙しい方なので疲れがたまると痛みが出てきますから現在は定期的に施術しています。

最近は筋膜性疼痛症候群についてテレビ雑誌でも特集されているのを目にするようになりました。

痛みの特効薬は「情報」だと言われています。

痛みに対する古い知識、考え方はアンインストールして新しい知識、考え方をインストール、痛みとはサヨナラしたいですね(*^^*)

症候性の腰部脊柱管狭窄症患者をランダムに外科的減圧術群と六週間の理学療法群に割付、二年後の身体機能を比較した臨床試験で両群に有意差がないことが明らかになった。両群とも二年後に身体機能が同程度に回復しており、効果に男女差は見られなかったという。米Pittsburgh大学のAnthony Delitto氏らが、Annals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告した。 http://annals.org/article.aspx?articleid=2214174

とまあ、こんなデータもあります。

脊柱管狭窄症で苦しんでいる方、多いですよね。
手術するのか、保存的に治療するのか、様々なデータを集めてよく考えてくださいね。

おすすめの書籍



Orthopäde, Rückenuntersuchung

cropped-cropped-cover_img1.png

危険信号の無い腰痛に早期の画像検査は足を引っ張る可能性が

■腰痛患者782名を対象としたMRIかCTを早期に使用した場合の臨床転帰と費用対効果に関するRCT(ランダム化比較試験)では、早期画像検査による臨床転帰の改善は認められず費用対効果が低いことが判明。X線撮影だけでなくMRIやCTも役立たない。http://1.usa.gov/s0OkVE

レントゲンもCTもMRIも腰痛の改善には役立たないことが科学的に証明されています。時間とお金の無駄遣いはやめましょう。これはすでに世界の常識なのになぜ日本人だけが知らされていないのか不思議でなりません。

 

■腰痛患者380名をX線撮影群とMRI群に割り付けたRCT(ランダム化較試験)によると、両群間の活動障害・改善率・再発頻度などに差は認められなかった。医師も患者もMRIを好むが手術件数が増えて医療費が高騰する。http://1.usa.gov/sxB3et
レッドフラッグ危険信号)のない腰痛患者に画像診断を行なうと不必要な手術件数が増えて医療費の高騰を招きます。思い込みや先入観は捨てて、そろそろ事実に目を向けるべき時ではないでしょうか。

TMS JAPAN様より

危険信号(レッドフラッグ)のない腰痛にはレントゲンやMRIなどの画像検査は効果が低く、改善には役に立たないことが証明されています。

  • 画像上腰の骨が変形していても痛みの全く無い方はたくさんいます。
  • 画像上椎間板ヘルニアが神経を圧迫していても症状のない方はたくさんいます。
  • 画像上分離すべり症があっても症状のない方はたくさんいます。
  • 画像上脊椎の湾曲が過剰でも減少していても症状のない方はたくさんいます

これらの違いはどこからくるのでしょうか。

役に立たないにもかかわらず、骨の変形や神経の圧迫で説明されれば患者の不安や恐怖を増大させ、治りにくくしてしまうかもしれません。

健康保険のシステムで動いている以上、画像検査は仕方のないことなのかもしれませんが、早くこの状況から脱却して医療費の増大をなるべくおさえたいですね。

当院では

  • 痛みで趣味の運動や登山を諦めてしまったが復帰したい方
  • 仕事が休めないので早く改善したい方
  • 痛みで日常生活がキツイ方

におすすめです!

施術を受けた患者さんの感想です。

anq04痛みは火事に例えられます。
燃え盛って消化しづらくなる前に消火してサヨナラしましょう(^^)

痛みとサヨナラすると

  • 日常生活に自信がつきます!
  • 諦めていた旅行やスポーツが再会できます!
  • 知識が増えることで再発率の低下につながります!情報は痛みの特効薬!

その他の素晴らしい感想はこちら http://s621.com

おおしま接骨院
〒349-0124
埼玉県蓮田市末広2-1-2
電話:048-764-1190
mapcropped-cover_img.png

 

意外と知らない、椎間板ヘルニアと腰痛の関係

椎間板ヘルニアが見つかっても、必ずしも痛みとはならない

皆さんご存知の椎間板ヘルニア、腰痛を経験したことがない方も一度は聞いたことがあると思います。

腰や足が痛くて病院へ行き、レントゲンMRIなどの検査のあと

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

と言われました、とはよく聞きます。

確かにMRIの画像を見ると椎間板が飛び出して神経を圧迫している・・・。

Wirbelsäule - Bandscheibe椎間板ヘルニアは手術しないと治らないと思っていませんか?

実は椎間板ヘルニアは痛みがない人でも普通に見られるんです。

例えば
■椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG  (TMSJAPAN様より)

腰痛未経験の健常者の腰をMRIで調べたら76%の方に椎間板ヘルニアが見つかった、というものです。

数年前に放送されたNHKのためしてガッテンでも

椎間板ヘルニアを手術で切っても痛みが消えない人や
椎間板ヘルニアが画像で写っているのに全く症状がない人がいる
ということは「椎間板ヘルニア犯人説」は当てはまらないのではないか
ということが明らかになってきた、というものです。
スクリーンショット 2015-08-07 16.07.43ただし、排尿排便障害を伴う場合や、麻痺がある場合は手術が必要です。

今まで考えられていた「痛みの常識」が実は間違っていたのですね。
日本でも2012年に「腰痛診療ガイドライン」を作成し、

  • 腰痛の85%は原因不明の非特異的腰痛
  • 痛みには心理社会的な要因が強く関わっていること

を発表しています。

様々な研究の成果で痛みに対する考え方が変わってきているのですね。

 

椎間板ヘルニア=痛みではないこと

椎間板ヘルニアと言われていた痛みから解放された方はたくさんいること

を考えると、どうしたら良いと思いますか?

 

例えばうちでは

  • 仕事が休めず腰痛を早く改善したい!
  • 登山やスポーツに早く復帰したいけれどもこの痛みが・・・

そんな方にオススメです!

施術を受けた感想です

anq01こんな経験をしてみませんか?

早いとこ痛みとはサヨナラしましょう!

痛みとサヨナラすると

  • 日常生活に自信がつきます!
  • 諦めていた旅行やスポーツが再会できます!
  • 知識が増えることで再発率の低下につながります!情報は痛みの特効薬!

その他の素晴らしい感想はこちら http://s621.com

おおしま接骨院
〒349-0124
埼玉県蓮田市末広2-1-2
電話:048-764-1190
mapcropped-cover_img.png

腰痛無い方の腰をMRI撮影したらなんと76%にヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアと診断された腰痛と下肢痛のある患者さん46名と痛みの無い健常者46名をMRI撮影して比較した結果、症状の有無は職業上の問題(心理的ストレス、満足度、集中力、失業)と心理社会的問題(不安、欲求不満、抑うつ、夫婦関係)の影響が大きいことが判明した。

健康で痛みの無い方でも76%に腰椎椎間板ヘルニアが見つかります。症状の出る人と出ない人との差はイエローフラッグ(心理社会的因子)の有無にあるということが国際腰痛学会でボルボ賞を受賞した研究で明らかにされました。TMS JAPAN様より

腰痛のない方の腰をMRI撮影しても76%の方に腰椎椎間板ヘルニアが見つかった研究です。

腰椎椎間板ヘルニア=痛みしびれ

ではありません。

画像上椎間板ヘルニアがあっても痛みの原因は実は筋肉靭帯だった、なんてことはよくあることです。

手や足、首や腰などの運動器の痛みには筋肉や皮膚が大きく関わっていますが、痛みはレントゲンやMRIでは写りません。

いろんな治療をしたけれどもなかなか改善しない場合、筋肉や皮膚に目を向けてみてはいかがでしょうか。

laufender Mann Muskelstudiecropped-cover_img.png

 

情報の受け取り方を考えてみる

痛みに対する誤った思い込みの修正が重要だということは以前からお伝えしているところですが、今一度情報の受け取り方について考えてみましょう。

例えばあなたが病院へ行って「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などと診断され病名を告げられたとしましょう。

Radiography of Human Bones医師から言われた言葉を鵜呑みにして「私は椎間板ヘルニアなんだ」、「私は脊柱管狭窄症なんだ」と思い込んでしまうのは少し考えたほうがいいでしょう。

こういった発信をすると

「なんで?医者が言っているから間違いない。」などと仰る方がいます。

骨の変形や神経への圧迫を痛みの原因とする診断モデルを「損傷モデル」」といいます

これは時代遅れの古い考え方で、様々な比較対照試験や生理学の発達から骨の変形や神経への圧迫が痛みやしびれの原因とは考えにくいことから、徐々にではありますが、損傷モデルから生物心理社会モデルへと変化してきています。

現在日本の現場で痛みの原因ですと説明されている変形や神経の圧迫は実はあまり痛みやしびれとは関係がないことが多いのです。

medical infographic elements皆さんおなじみのNHKの番組、ためしてガッテンでも椎間板ヘルニアは無罪であると放送されたのは記憶に新しいところです。つい先日もNHKスペシャルで「腰痛治療革命-見えてきた痛みのメカニズム」と題して慢性痛の問題が放送されていましたね。

スクリーンショット 2015-08-07 16.07.43人の思い込みは強く強く体に作用します。

本来痛みとは関係がないものを痛みと関係があると思い込みすぎてしまうと痛みがとれにくくなってしまうばかりか、他の様々な場所にも痛みがでやすくなってしまいます。

参考:人は「思い込み」だけでも死んでしまう!
http://toyokeizai.net/articles/-/77748?page=2

ガンではなかったにもかかわらず、ガンと宣告されたら衰弱して死んでしまったなんて笑えないですよね。

3d  people holding his head with his hands思い込みはそれほど強く作用してしまうのです。

医者から言われたからではなく、色々な情報を集めて痛みを考えてみませんか。

たとえレントゲンMRIで異常が見つかろうとガンや内臓からの痛み、リウマチや結晶誘発性関節炎、膀胱直腸障害や進行性の麻痺などがなければ多くの場合心配ないことが多いのです。

・時代遅れの古い考え方に支配されず、新しい考え方を知りましょう。
日本の痛み医療は諸外国から比べると20年は遅れていると言われています。

・不安、恐怖、怒りなどのネガティブな感情からはなるべく遠ざかりましょう。

・積極的に体を動かし、楽しい、嬉しい、気持ちが良いことをたくさんしましょう。

砂糖タバコアルコールなどの依存物質の摂り過ぎは気をつけましょう。

・早寝早起きして健康的に生活しましょう。

原因があってこそ結果として症状が出ています。言わば体からの警告信号です。
体からの声を聞いて、誤った生活習慣、考え方を知りましょう。

家族cropped-cover_img.png

筋膜性疼痛症候群とは―原因が分からなかった痛みの正体(記事詳細)|メディカルノート(MEDICALNOTE)

メディカルノートは、医師免許をもった医療ライターや医学生が運営するWebメディアです。第一線の医者・看護者の投稿やインタビューを通じて、病気に関する信頼できる情報を易しくお伝えしていきます。

情報源: 筋膜性疼痛症候群とは―原因が分からなかった痛みの正体(記事詳細)|メディカルノート(MEDICALNOTE)

Radiography of Human Bones首や腰などに痛みを抱えている方は多くいますが、病院へ行ってレントゲンMRIを撮っても何の問題もみつからないことがあります。

近年、原因不明と言われていた痛みの多くが筋膜性疼痛症候群きんまくせいとうつうしょうこうぐん)であることが分かってきました。

Structure of skeletal muscle fiber, eps10骨の変形や神経に対する圧迫が痛みの原因と言われていたけれど、実は筋膜性疼痛症候群だったなんてことはとてもよくあることです。

何ヶ月、何年と痛みが続いている場合、現在の対処が適切で無い可能性があります。
その場合、痛みに対する考え方、捉え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

Physiotherapiecover_img

生活習慣病としての痛み

さいたま市よりお越しのAさん、5ヶ月前より左のお尻から足にかけて痛みとしびれがあります。MRI上は腰椎が変形していて、変形性腰椎症坐骨神経痛と言われたそうです。

当院受診時、痛みのために体が曲がっていたのと、腰が少し浮腫んでいる位で神経脱落症状はありませんでした。あちこちに筋肉の圧痛があります。

先日2回目の施術にいらっしゃいましたが、治療前に話しを聞いたところ、良くなってきたそうです。

腰椎が変形していても痛みがある方と無い方がいますが、この差は一体なんでしょうか。

ある研究によると、腰痛患者200名と健常者200名の腰のレントゲン写真を比較した結果、腰痛患者の20%に、健常者の34%に脊椎の変形が認められたそうです。Fullenlove TM & Williams AJ:Radiology, 1957

変形性腰椎症と言われている方でも痛みが楽になる方はたくさんいます。変形が痛みになるとは考えにくいんですよね。

痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群です。

筋肉が酸欠になってしまって痛みのセンサーが興奮してしまった状態です。

なぜ酸欠を起こすのか。

糖質の過剰摂取、仕事のし過ぎ、睡眠不足や人間関係でのストレスなど、交感神経ばかり緊張している時間が多すぎなんですよね。交感神経の緊張が頻繁に、過剰に行われると筋肉などの組織が酸欠になります。緊張すると手や足先が冷たくなる経験をした方は多いはずです。

その結果が痛みやしびれとなっているわけですね。

要するに痛みやしびれは多くの場合が生活習慣によって引き起こされているわけです。

治療に通って痛みをとるのもいいですが、痛みが発生してしまった生活習慣を見なおして、体を労ってあげることも忘れないで下さいね。

House of paper in hand

足の裏の痛み

60代男性、2ヶ月前より右足に痛みがあり、近くの医療機関でレントゲン検査をしたところ踵の骨に骨棘が見つかり、「足底腱膜炎」と言われ、加齢のために発生しているもので、痛みと付き合っていくしかなく、治らないと言われたそうです。

先程いらっしゃって見てみたのですが、裏と足の甲、すねの部分に圧痛がありました。から足にかけて柔らかくなるように刺激したらその場でかなり痛みは引いたそうです。

筋肉が痙攣してつっているだけなんですよね。これを筋筋膜性疼痛症候群といいます。首や腰、手や足にでてくる痛みやしびれは多くがこの筋筋膜性疼痛症候群です。

よく話を聞いてみたら痛みが出始める頃にを新調して痛かったけど我慢して歩いていたそうです。恐らくそれが原因でなかなか引かない痛みになってしまったのでしょう。

治せる方法を持たない、知らない方から見れば「治らない」になりますし、治せる方法を持つ、知っている方から見れば「治る」になりますね。

痛みは電気現象ですから、痛みがあるということはどこかで痛みセンサーが興奮しているということです。

骨棘は痛みセンサーを興奮させるのでしょうか!?

骨棘があって指摘されている方でも痛みがとれる方はたくさんいますがどうしてでしょうか!?

どこの痛みやしびれにしてもそうですが、人から言われて「はいそーですか」と鵜呑みにしてはダメですよ。

Wellness, Massage

年だからしょうがないはそろそろやめよう

痛み、年だからしょうがないとはよく聞く言葉ですね。

ですが、全ての人が年をとるから痛むわけではありませんよ。年をとれば皮膚シワができますが、同じように関節老化して変形したりするのです。

骨の変形や軟骨の摩耗が痛みになるのなら、変形や軟骨の摩耗がある方は全ての方が痛みを抱えていなければおかしいことになりますが、実際はそうではありません。

痛みを抱えた方々と健常者をグループ分けしてレントゲン画像を比較したら同程度変形や軟骨の摩耗が見つかった、なんて研究たくさんあります。

決して変形=痛み

ではないわけです。

それに「年のせいだから」と諦めさせてしまえば、ますます痛みがとれづらくなりやすいのです。

痛みの多くは筋肉靭帯に存在する痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

これをいかに沈静化させるか。

外側からのアプローチとしては、様々な徒手療法ストレッチ、体を動かすなどで良いと思いますが、痛みがこじれてなかなか取れない方は内側からのアプローチが必要になることがあります。

痛みを知る、ということです。

痛みは電気現象です。末端にある痛みセンサーが興奮して発電します。発電された電気は神経管を通ってに到達し、そこで情報解析されて初めて「痛み」として感じます。

・変形があっても痛みのない方がたくさんいること。

・痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群であること。

マッサージや種々の徒手療法によって楽になる方がたくさんいること。

などを知ってもらえれば考え方も変わってくるかと思いますが、考え方が変わることによって痛みがひきやすくなると思います。そういったことを知っていれば余計な不安が軽減しますからね。

今まで痛みがとれてこなかった方はそれではダメだったわけですから、行動しなくてはですよね。

まずは行動をすることです。

Sick dog with bandages lying on bed

施術の感想を頂けました(^^)

引き続き、体調維持のためにお世話になると思います。
よろしくお願いいたします。

魔法のように、治療していただくと効果がすぐわかります。
精神的にも安心して運動、仕事ができます。

おおしま接骨院HP「患者さんの声」の最下部に掲載させて頂きました。(上から順番に掲載しています)

おおしま接骨院HP:http://s621.com

患者さんは両足のに痛みがあったのですが、反応がよく1回の治療でかなり痛みが軽減したそうです。整形外科さんではレントゲン検査して足底腱膜炎と言われていました。

仕事や私生活で忙しく、緊張状態が続くと交感神経が休まる暇がありませんので、緊張が続いた結果、体に痛みやしびれとなってでてきてしまうのですね。

うまく気分転換できるようになると良いと思いますが、忙しい中で生活しているとなかなかできませんね。

感想ありがとうございました(^^)

img138

家族

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、筋肉痛

埼玉県幸手市よりお越しのAさん、1ヶ月前より腰痛と左下肢に痛みとしびれがあります。レントゲンMRI検査の結果、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症と診断されたそうです。

当院受診時、痛みで体が傾き、腰を伸ばすのができなくなっていましたが、神経脱落症状はありませんでした。

本日3回目の治療をしましたが、大分良くなったそうです。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といわれた痛みやしびれも実は筋肉皮膚の痛みセンサーの興奮だったというのはよくあることです。

痛みやしびれの原因は様々ですが、どこに行っても改善しない方は筋肉の痛みを疑ってみてはいかがでしょうか。

 

■椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG

■高性能の画像診断の普及によって1990年代から脊柱管狭窄症が増加したが、100名の脊柱管狭窄症患者(平均年齢59歳)の臨床症状と画像所見(単純X線撮影・脊髄造影・CT)を比較した結果、両者間に関連性は見出せなかった。http://1.usa.gov/RxEUW4

■メーン州内の3つの地域で椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症によって手術を受けた患者665名を2~4年間追跡した前向き研究によると、手術実施率の高い地域の治療成績は手術実施率の低い地域よりも劣ることが明らかとなった。http://t.co/BHCnCvu06i

■腰痛も下肢痛も経験したことのない健常者67名を対象にMRIで腰部を調べた結果、椎間板変性・変形性脊椎症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症のような構造上の変化はごく一般的な所見であることが判明したことから、手術の選択は慎重であるべき。
http://1.usa.gov/10SgXcQ

論文データはTMSJAPAN長谷川淳史先生より提供

 

clothes on hangers

変形性股関節症と痛み

久喜市よりお越しのAさんは5年ほど前より右股関節に痛みがありました。レントゲン上は変形があり、変形性股関節症と言われています。

当院受診時は可動域の障害と、鼠径部臀部に多数の圧痛がありました。特に鼠径靭帯を押すと物凄く痛がります。

昨日5回目の治療をしたら最初に比べてほとんど痛みはとれたそうです。

関節が変形しているから痛い

軟骨がすり減っているから痛い

骨盤や関節が歪んでいるから痛い

筋力がないから痛い

安静にしてなるべく足に体重をかけないようにしなければいけない

これらは間違った思い込み、考え方です。

痛みは電気現象ですが、変形はエネルギーを生じるのでしょうか。軟骨がすり減ると痛みセンサーは興奮するのでしょうか。骨盤や関節が歪むとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。筋力がないとどうして痛みセンサーが興奮するのでしょうか。安静にすると筋力が無くなりますが筋力つけるとの矛盾は生じないでしょうか。年取れば骨も変形しますが、周りの方は皆さん痛がっていますか。温めたり運動したりで楽になる方がいますがどうしてですか。そもそもレントゲンに痛みは写りませんが。手術受けても痛みがとれない場合がありますがなぜでしょうか。

股関節が変形していても痛い方と痛くない方がいます。

この様な違いはどうして生じるのでしょうか。

あなたの痛みは本当に変形によるものなのですか。

light bulb Alternative energy concept