寝不足は痛みを増幅させる

寝不足は痛みを強く感じさせてしまうそうです。

慢性的な痛みで悩んでいる方には睡眠障害が合併していることが非常に多く、睡眠障害や寝不足と痛みは関連していると考えられます。

ドイツのハイデルベルク大学のSigrid Schuh-Hofer氏らは、健常人において、全断眠(TSD)は全般的な痛覚過敏を誘発するとともに状態不安を高めることを示した。TSDは睡眠障害の痛覚過敏作用の病理学的機序を解明する疼痛モデルとして役立つ可能性がある、とまとめている。Pain誌2013年9月号(オンライン版2013年5月11日号)の掲載報告。

続きはこちらから

膝の関節が腫れて痛む変形性膝関節症の人は、睡眠が足りないとより強く痛みを感じる。痛みにとらわれているとさらに強く痛みを感じる。良くないスパイラルがあるようだ。米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部を含む研究グループが、米国リウマチ学会(ACR)が発行する公式誌アースリティス・ケア・アンド・リサーチ誌オンライン版で2015年6月4日に報告した。

続きはこちらから

全断眠(徹夜)は痛覚過敏を誘発したそうですね。

皆さんも寝不足や徹夜した後に体のどこかが痛かった経験あるでしょ?(笑)

 

痛いと寝られない。

寝られないから痛いのか。

慢性痛を抱えた方は睡眠障害を合併していることが非常に多いです。

痛い→動けない→障害→自尊心の喪失→うつ状態→孤立→ストレス→筋緊張→更に痛いの繰り返し、悪循環

痛みの悪循環

痛みがあると交感神経優位になりますから睡眠障害になるのは想像しやすいですね。

痛みは早くどこかで断ち切らなければならない。

今までハードである骨や神経ばかり治療されていましたが、思ったような結果が出ず痛みを抱える方は減るどころか増えるばかりです。(腰痛患者数はこの20年で約1.5倍)

近年科学の進歩により慢性痛を抱える方はの前頭葉が萎縮することがわかってきたそうです。

画像はネットよりお借りしました

画像はネットよりお借りしました

痛みや感情をコントロールしていると言われている前頭葉の働きが低下すると扁桃体の働きがうまく調整できなくなり、少しの痛みでも強い痛みと感じやすくなってしまいます。

先日放送されたNHKスペシャルキラーストレス」でもそのようなことが言われていたそうですが、今は過剰なストレスに対処しなければならない時代なのですね。

NHKスペシャル「キラーストレス」ページヘ

Intellectual thinker , Human xray with gears for brains

これからはハードである筋肉筋膜)の治療とソフトである脳の治療、二本立てで行う必要があると思います。

  • ソフトの治療→痛みを知る、ストレスの認知、対処
  • ハードの治療→ポリモーダル受容器(痛みセンサー)の沈静化

運動、マッサージ、ストレッチ、整体、ブロック、アロマなど、あうものがあればなんでもいいと思います。

自分にあったものを見つけて、早く痛みを解消しましょう(^^)

 

cropped-cropped-cover_img1.png

年だからしょうがないはそろそろやめよう

痛み、年だからしょうがないとはよく聞く言葉ですね。

ですが、全ての人が年をとるから痛むわけではありませんよ。年をとれば皮膚シワができますが、同じように関節老化して変形したりするのです。

骨の変形や軟骨の摩耗が痛みになるのなら、変形や軟骨の摩耗がある方は全ての方が痛みを抱えていなければおかしいことになりますが、実際はそうではありません。

痛みを抱えた方々と健常者をグループ分けしてレントゲン画像を比較したら同程度変形や軟骨の摩耗が見つかった、なんて研究たくさんあります。

決して変形=痛み

ではないわけです。

それに「年のせいだから」と諦めさせてしまえば、ますます痛みがとれづらくなりやすいのです。

痛みの多くは筋肉靭帯に存在する痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

これをいかに沈静化させるか。

外側からのアプローチとしては、様々な徒手療法ストレッチ、体を動かすなどで良いと思いますが、痛みがこじれてなかなか取れない方は内側からのアプローチが必要になることがあります。

痛みを知る、ということです。

痛みは電気現象です。末端にある痛みセンサーが興奮して発電します。発電された電気は神経管を通ってに到達し、そこで情報解析されて初めて「痛み」として感じます。

・変形があっても痛みのない方がたくさんいること。

・痛みの多くは筋筋膜性疼痛症候群であること。

マッサージや種々の徒手療法によって楽になる方がたくさんいること。

などを知ってもらえれば考え方も変わってくるかと思いますが、考え方が変わることによって痛みがひきやすくなると思います。そういったことを知っていれば余計な不安が軽減しますからね。

今まで痛みがとれてこなかった方はそれではダメだったわけですから、行動しなくてはですよね。

まずは行動をすることです。

Sick dog with bandages lying on bed

もう夏ですね

梅雨時だというのにおかしな天気が続いていますね、日本気候はどうなってしまったのでしょうか。

当院の治療筋肉皮膚などに存在しているセンサーに触刺激を与えて軟部組織(筋肉や皮膚)などを柔らかくする施術方法です。諸説ありますが、何故軽微な触刺激で興奮している痛みセンサー(ポリモーダル受容器)が沈静化するかは分かっていません。

痛みは電気現象です。痛みを含め、触覚、温冷覚等の感覚は電気信号のやりとりによって成立しています。痛みがあるということはどこかで痛みのセンサーが興奮しているということです。変形神経に対する圧迫がエネルギーを生む訳ではありません。
理論的に考えれば、それが痛みの原因ではないことはお分かり頂けると思います。その多くは軟部組織である筋肉や皮膚、靭帯であることが分かっています。

つまり、発生している多くの痛みやしびれは、軟部組織(筋肉や皮膚)由来のものなのです。

例えば、変形性膝関節症。変形があっても痛みがない方とある方がいますが、その差は一体何でしょうか?
これは椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも同じことが言えます。もし神経を圧迫して痛みが発生するならば、足の裏の神経や、座り仕事の方の坐骨神経は大変なことになるはずです。

しかしそうならないという事を考えると、どんな答えが出てくるでしょう??
つまり、神経を圧迫して起こるのは「麻痺」であり「痛み」ではないですし、変形=痛みではないわけです。

どのような問題にも言えることですが、人から言われたことを「鵜呑み」にするのではなく、常に「自分で調べ、考えて」行動したいですね。

 

夏の時期に注意したいこと

脱水」と「痛み」には深い関係にあります。実際に、暑い時期になると患者さんが増えます。これは体内の水分消失筋肉痛が関係しているためだと考えられています。
大量にをかくことで、足がつるなどの経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は糖質過多ミネラルが足りていない方が多いです。ですから、水分とミネラルの補給は重要になってきます。
暑い日が増え、汗をかくようになれば、水に天日海塩などの塩をひとつまみ溶かして飲むといいでしょう。但し、食卓塩などは生成する際にミネラルが失われていますので、お勧めしません。もちろん食事から摂取するのも忘れずにしましょう。

もう一つ、夏の時期に注意したいことといえば蚊取り線香などの殺虫剤でしょうか。最近では色々なタイプの製品が出ていますね。玄関先などにかけているお家 もかなり見るようになりました。蚊取り線香などに使用されている薬品神経毒です。有機リン系ネオニコチノイドを使った防虫剤、殺虫剤は神経伝達を狂わ せ、体に様々な症状を発生させる可能性がありますから、使用はなるべく控えたいところです。

WS000129

【画像クリックで拡大】

ネオニコチノイドの毒性の説明はサイト「ミツバチからの警告」様より

続く。

bee on echinops

施術の感想を頂けました(^^)

先日口コミサイトエキテン!さんに治療の感想を頂けました。

行ってよかった
ぎっくり腰発症4日目でようやく困難ながらも歩けるようになり、縋る思いでこちらの院に行きました。
駐車場も8台分あり外観もきれいで女性一人でも通院出来そうな雰囲気。一歩入ると院内も清潔で明るい印象です。
先生は丁寧に症状を聞いてくれ、こちらの質問にも分かりやすく答えてくれます。
施術は触られている程度で全く痛くありません!横向きで横になり右下左下と交互に施術していただき、寝返りをするたびに痛みが取れていくのが実感できました!
終わって立ってみると右に傾いていた身体がまっすぐに立っている感覚…
本当にびっくりしました。
痛みも体の傾きもまだありますが、頑張って通院して治して行きたいと思えました。

 

エキテン!様サイト おおしま接骨院ページ http://www.ekiten.jp/

最近感想頂けることが多いですね、大変嬉しいです!

ぎっくり腰に限らず、肩の痛み足の痛みも同じです。痛みはその多くが痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮によって起こります。

場所が変わるから特別なことはあまりありません。

施術の感想を頂けました(^^)

本日患者さんより治療の感想を頂けました。

K,Cさん

Q7
1、痛みの原因の考え方と治療方法が根本的に異なっていた。
治療の効果が抜群であり驚いている。(他院は痛みがなくならなかった。)

Q9
痛みが出た時に、緊急的な処方として、自分でできる治療内容があれば教えてほしい。
(共通の痛みに対して、◯◯の箇所を押せば良い等)

Q10
2~3年気になっていた痛みがほぼなくなり、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。一時間かけても通った甲斐がありました。知り合いにも心より紹介したくなります。

おおしま接骨院HPに掲載させて頂きました。 http://s621.com(ページ最下部に掲載)

K,Cさん感想ありがとうございました。楽になって良かったですね。

K,Cさんは紹介されて東京都からわざわざ片道一時間かけていらっしゃいました。

先の記事にも頂いた感想と共に書きましたが、運動器に発生する痛みは大部分が痛みセンサー(ポリモーダル受容器)の興奮により起こります。ぶつけた、捻った、緊張のし過ぎ等・・・。

痛みをとるにはなるべく早く痛みセンサーの興奮を沈めることです。

経験しなければわからないこと

春日部市よりお越しのAさん(50代男性)、右肩の痛みと可動域障害右上肢痛に悩んでいます。 レントゲン検査したところ、頚椎椎間板狭小化がみられたそうです。

首や腕の筋肉を押すとあちこちに痛みを訴えました。健康上腕リズムもかなり低下しています。斜角筋棘下筋を圧迫したら右手の痛みが再現できました。

治療に対する反応はとてもよく、すぐに肩は挙がるようになりました。手の痛みが少し残りましたが、これも徐々にとれるでしょう。

加須市よりお越しのBさん(40代女性)、数カ月前より右肩の痛みに悩んでいます。レントゲン検査したところ、石灰沈着性腱板炎と言われたそうです。この方も全身あちこちに圧痛が有りました。健康上腕リズムもかなり低下していました。

治療に対する反応は痛みは改善したのですが、可動域は少し改善したにとどまりました。

徐々に改善するでしょうが、様子をみたいところです。

どこの痛みやしびれでもそうですが、すぐに改善する方とそうでない方がいます。ですが大抵の場合、痛みの改善があると安心して良くなっていくものです。痛みに対する恐怖や不安が痛みを増幅させたり、治りづらくしていますから。

痛みの本態は筋肉や靭帯関節包、皮膚などの痛みセンサー(ポリモーダル受容器等)の興奮であることが非常に多いのですが、これが意外に知られていないのです。

ですから施術して改善があると驚く方が多いです。自分が思い込んでいたものとは全く違ったわけですからね。

色々な治療してもなかなか改善しない場合、原因は筋肉や靭帯にあるかもしれませんね。

 

膝の痛み

膝の痛みを訴える方は多いですね。

春日部市よりお越しのAさん。数年前より両膝の内側に痛みがあります。変形性膝関節症といわれてます。

来院時外から触ってまあ、変形はありました。可動域の障害は曲げるのが少しできなくなっています。これだと正座はもう厳しいでしょうか。後は内転筋部、四頭筋部に筋肉の硬結と圧痛を認めました。

この方は反応が良く、その場で痛みが改善して歩きやすくなったそうです。そのまま1回で痛みが治まるかもしれませんし、後数回施術が必要かもしれません。

膝の変形が必ずしも痛みにつながるとは限りません。

痛みは皮膚や靭帯関節包、筋肉などの軟部組織にあるポリモーダル受容器という痛みセンサーの興奮で発生することが多い事が分かってきています。

この痛みセンサーの興奮を抑えれば痛みは無くなっていく事が多いですよ。方法は何でも良いのです。うちの方法でも良いし、マッサージ、ストレッチ等、柔らかくなれば良いのですから。

骨折や捻挫、痛みの治療を積極的にしましょう

骨折捻挫、骨はくっついたのに痛みが残っている方、捻挫後靭帯はとっくに修復されただろうに痛みが残っている方、たくさんいます。

これは 構造の修復 = 痛みの消失 ではないからです。

ここは多くの方が勘違いしている所だと思います。

構造の破綻と痛みは別々に対処するべきなのです。骨折は固定しないと転位してしまうようなら固定が必要ですが、捻挫の場合は多くが固定を必要としません。

うちで治療した経験がある方はナゼそうなのかは分かりますね。

骨折や捻挫の痛みにも皮膚や筋肉、靭帯関節包などの受容器(センサー)が関与しているからです。受傷後、高閾値機械受容器ポリモーダル受容器が興奮していますが、臨床上問題になるのはポリモーダル受容器の興奮です。

この場合、軟部組織に刺激を加えると軟部組織の軟化、局所循環の改善、交感神経緊張の低下が起こる為に痛みの軽減が起こるわけです。

長期化させないためにも、受傷直後から積極的に痛みの治療をした方が良いと思います。痛みが長期化するとそれだけ治療が困難になる場合が多いですから。

 

ポリモーダル受容器:二次痛の受容器 「ポリ」は多くのという意味で、「モード」は様式という意味です。名前が表すように、色々な様式の刺激に反応します。具体的には機械的な刺激、化学的な刺激、熱による刺激などです。

外側上顆炎 テニス肘

外側上顆炎テニス肘の方はよくいらっしゃいます。

手を使い過ぎたりした場合に発生しやすいみたいですね。

力を入れた際に関節周囲や筋腱内の受容器が異常を感知し、ポリモーダル受容器を興奮させる事によって、痛みが発生していると考えられます。

皮膚や筋肉、関節靭帯関節包の受容器が異常を感知 → 筋緊張亢進 → 発痛物質産生 → ポリモーダル受容器興奮 → 痛みを認知 → 交感神経興奮 → 筋緊張亢進 → 局所の循環不全 → 痛み増強

↑こんな感じでしょう。

症状は主に痛みですが、手がしびれたり、力が入りづらくなることがしばしばあります。しびれは大抵筋緊張が亢進して循環不全に陥ると発生する事が多いですね。重たいものをずっと手で持っているとしびれるのと同じです。筋緊張が続くとしびれます。(もちろん全てではありません)

力が入らないのも受容器が機能不全を起こした際に発生することが多いのですが、受容器の機能不全から発生している脱力や握力の低下はよっぽどの事がない限り、その場で改善する事が多いですよ。

どの痛みやしびれについても言えますが、症状の長期入力が続くと慢性痛症化しやすく、慢性痛症化するとなかなか大変になりますので、なるべく早く痛みをとりましょう。

※ここで言う慢性痛症は痛みの回路が可塑化した状態であって、一般的に使われる慢性痛とは違います。何年何十年と急性痛症の状態が続く方もいますし、すぐに慢性痛症の状態になる方もいます。ですから長引いているから慢性痛症だとは言い切れません。

act therapy explanation