プラセボ効果とノーシーボ効果

プラセボ効果で痛みが和らぐ

プラセボ効果というのはご存知でしょうか?プラセボ効果とは、薬効成分を含まない偽の薬(偽薬)を薬だと偽って飲んでもらった場合、患者さんの症状が改善するような治療効果のことを言います。プラスの思い込みによる効果ですね。痛みとアレルギーには思い込みが強く体に

作用することが分かっていて、特に本人が「これは効きそうだ」と強く思うほど効果も強くなります。

 

 

例えばアメリカ整形外科学会で発表された研究では、変形性膝関節症の患者さんに対して「プラセボ手術」、つまり、皮膚を切るだけで実際には何の治療も行わない「偽の手術」を施し、実際に「本当の手術」を受けた患者さんと比較しています。

結果は、両者とも治療効果に差がなく、手術後のある時期ではプラセボ手術を受けた患者さんのほうが良好な経過となっていました。

つまり、「この手術は痛みに効きそうだ」という期待感だけで痛みが改善したのです。

このようなプラセボ効果について、脳の中で何が起きているか、ということもある程度分かっています。痛みを感じたとき、脳内では痛みを抑えてくれる鎮痛物質が分泌されますが、実は患者さんが「これは痛みに効きそうだ」と思って薬を使うことでも、その鎮痛物質がよりたくさん分泌されるのです。

 

しかも、薬ではなく、薬に見せかけた偽薬を「これは痛みに効きますよ」と医師に渡されて服用したような場合にも、やはり鎮痛物質が分泌されて痛みを抑えることがあります。これがプラセボ効果です。

偽薬が効くなんて何か詐欺的な話のように感じるかもしれませんが、どのような治療もある程度はプラセボ効果を伴っており、治療効果を補っているのは間違いありません。

臨床試験などでは、薬そのものの効果を判定するため、プラセボ効果を極力排する工夫がなされますが、実際の治療では、むしろプラセボ効果を積極的に利用して痛みを早期に抑えたほうが患者さんのためになるでしょう。

大きなリスクを伴わず、痛みを早期に改善できるのであれば方法にこだわる必要はないと思います。

医療者の言葉が痛みを作り出す「呪い」となる

このプラセボ効果の真逆とも言える作用がノーシーボ効果」です。

ノーシーボ効果というのは、「これは体に悪そうだ」と思うことで実際に何らかの症状を起こす現象を指すもので、ある種の「呪い」のようなものと考えてもいいかもしれません。そんなこと本当にあるの?と思うかもしれませんが、こんな興味深い実験があります。

 

ドイツのマインツ大学の研究によると、147人の被験者に「電磁波の健康被害」に関するテレビ番組を見せた後、無線インターネットの装置(WiFi)を作動させたところ、54パーセントの人が番組で紹介されたような電磁波の健康被害の症状を示しました。

ところが、実はその装置はダミーであり、実際には電波も電磁波も出していなかったのです。

つまり、被験者の57パーセントは「電磁波は体に悪そうだ」という思いによって、自らの症状を作り出していたのです。

また、アメリカのコロンビア大学の実験では、催眠状態にした被験者に「これから額にアイロンで触れる」と宣言してから鉛筆の先で額に触れると、その被験者が「熱い!」と叫び、額には火ぶくれとかさぶたができるという現象が確認されています。この実験はその後4回繰り返され、いずれもまったく同じ結果が得られたそうです。

さらに、こんな話もあります。第二次世界大戦前のヨーロッパでは死刑囚を被験者として、血液を体から少しずつ抜くという実験が行われました。

実際には、血液は抜いておらず、目隠しをされた被験者は水滴の音を血液が滴り落ちる音だと思い込んでいたのですが、それでも、事前に知らされていた「人間の全血液量」に相当する出血量を医師に告げられると、その被験者は死んでしまったそうです。

これらは、ノーシーボ効果がある種の「呪い」として働くことの一例ですが、これと同じような「呪い」を、私たち医療に携わる者が患者さんにかけてしまうことがあります。

つまり、「椎間板が突出して神経を圧迫しているから、今は痛くなくても今に痛くなります」「腰椎が変形しているから、そのうちに腰痛が出てきますよ」「脊柱管が狭くなっているから、今後、狭窄症の症状が出てくるかもしれない」

……といったことを医療者の側が言ってしまうと、それがノーシーボ効果となり、それまでなかった痛みを起こしてしまうのです。

そう、まるで「呪い」のように。実際、そのようにして多くの腰痛が作り出されていると私は考えます。

だからこそ、医療に携わる者は、己の使う言葉に細心の注意を払わなければなりませが、いまだに「骨盤が歪んでいる」「骨が変形して・・・」「老化で・・・」などの言葉が溢れかえっていますね(とほほ)。

残念ながら日本の痛み医療は諸外国に比べると20年以上遅れていると言われており、まだしばらくは痛みの知識を吸収して自分の体は自分で守るしか無いのかもしれません・・・。

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。

痛みを知る=痛みの仕組みを知る

こじれた慢性痛の治療に有効なのは認知行動療法

時代遅れの誤った思い込みを現在わかっている情報へ書き換える。

口では簡単に言えるがこれがなかなか大変な作業だ。
子どもの頃から教わってきたことを覆すのは容易ではない。

しかしヒトの思い込みは体に大きな影響を及ぼす。

ノーシーボ 痛み」

などで検索してもらうとたくさん出てくるが、ヒトは思い込みだけで死んだり火傷したりする。

それ故に

「私の痛みは治らないのでは。」

という誤った認識はすぐにでも正す必要がある。

もちろん全てでは無いが多くの痛みは筋膜性疼痛症候群(トリガーポイントなどで有名だ)と言われるもので、骨の変形や神経への圧迫は痛みがない健常者にも普通に存在することから従来の「損傷モデル」から「生物心理社会的疼痛モデル」へと診断モデルが変化してきている。

話は変わるが最近話をしていると泣かれる方が多い。
私の顔が怖いのだろう。普段から感情を押し殺して、我慢して生きているのだろう。

怒り、不安、恐怖、悲しみなどの強い感情はため込むと後に痛みに変換されることがあるし、増強させてしまうことがある。

ため込むことなく、発散する機会を持つようにしたい。

そもそもあなたをネガティブな感情にしてしまう情報や人物へはなるべく近寄らないことだ。

百害あって一利ない。

2015年に放送されたNHKスペシャル腰痛治療革命 見えてきた痛みのメカニズム」の反響が大きく、DVD付きの書籍になりました。

映像を見る+背中をそらす それだけで約6割の方が改善したそうです。

cropped-cropped-cover_img1.png

情報の見直しをしてみたほうがいいかも!?

いろんな治療法を試しても改善しない方は一度情報の見直しをする必要があるかもしれません。

いつの間にか世間のジョウシキにとらわれ、様々な情報を吸収するうちに考えを固定してしまい「どうせ私は◯◯だから」、などと否定的な思考になってしまい、世間のジョウシキの中で判断するようになると、なかなか変われなくなってしまいます。

現在あなたの中にある世間のジョウシキとは本当に正しいものなのでしょうか?
間違った環境や情報、様々な治療経験によって「自分は治らない」、「自分はダメなのかも」と決めつけてはいませんか。

そういった思い込みや否定的な言葉ばかり口にしていると脳は「ダメ」「無理」「治らない」のデータが強烈に刷り込まれ、脳はそのとおりに働いてしまいます。

その結果無理だと決めつけてしまい、その通り治らないようになってしまいやすくなります。

この辺りは「ノーシーボ効果」などで調べてもらうとよいかもしれません。
冷たいペン先で火傷したとか、
ガンじゃないのにガン宣告したら死んでしまった、などは有名ですね。

時代と共に考え方が変わることはよくあることですよね。

例えばコレステロールは今まで悪者にされて避けられていましたが、最近はこの考え方は変わりつつあり、むしろ積極的に摂取したほうが良いという考え方に変わってきています。
こちらのことに関しては大櫛陽一先生の著書「コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな」や宗田哲男先生の著書「ケトン体が人類を救う」を参考にしたらよいかもしれません。

腰椎椎間板ヘルニア変形性関節症にもこれは言えているのですが、実はヘルニアも関節の変形も痛みを経験したことのない方をレントゲンやMRIを使って撮影してもかなりの確率で写ります。

これを伝えると驚く方がとても多いのですが、一番古い比較対照試験は1953年に行われていて、腰痛患者のグループと健常者のグループを分けてレントゲン撮影したところどちらのグループでも同程度画像上の変形性腰椎症が見られたというものがありますし、腰椎椎間板ヘルニアでは腰痛未経験者の腰をMRI撮影したところ76%にヘルニアが見つかったそうです。

■腰椎の変形が腰痛の原因でないことは半世紀以上も前から証明されてきた。最も古い対照試験は1953年に実施された腰痛患者100名と健常者100名の腰部X線写真を比較したもので、両群間の変形性脊椎症の検出率に差はなかった。http://1.usa.gov/lCMbXb
■椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。http://1.usa.gov/iN3oKG (TMSJAPAN様より)

画像はネットよりお借りしました

画像はネットよりお借りしました

人間は強く思い込むとそのようになりやすいですから、考え方を変えるだけで症状が軽減したり治ったりするのはよくあることなんですよ。

ですからうちでは外部からの矯正手技ももちろんですが、思い込みの修正に力を入れています。

日本の痛み医療は諸外国に比べると20年は遅れていると言われています。
これから日本も変わっていくと思いますが、まだそのような状況なので世間で言われていることが必ずしも正しいとは限らないんですよね。

頑なに「もう治らない」「どうせ無理」とは思わず、少しずつでいいですから新しい情報を取り入れてみませんか。

Wellnessurlaub

今日の参考図書




ノーシーボの威力

ノーシーボとは、マイナスの暗示のことです。この逆がプラシーボ、プラスの暗示。

否定的な思考によって健康を損なったり、場合によっては命を落としてしまうのがノーシーボ効果。逆にプラシーボは肯定的思考により健康になる効果。医者に行っただけで症状が良くなるのはこの効果。

 

ドイツのある医者がこんな実験をした。
ある患者に「プラシーボという新薬を開発したので、協力をお願いしたい」と偽って、ただの小麦粉をまるめたモノをあたえた。
ところがそれを飲んだ患者はみるみる内によくなって、治ってしまった。
これは俗にプラシーボ効果といわれる。

第二次世界大戦前のことだが、かつてヨーロッパでこういう実験が行なわれた。
ある国にブアメードという名の健康な身体に恵まれた死刑囚がいた。
この死刑囚はある医師から、医学の進歩のために命を捧げてほしいと持ちかけられた。
「人間の全血液量は体重の10%が定説となっているが、我々は10%を上回ると考えているので、ぜひそれを証明したい」というのだ。
彼はその申し出を受け入れ、間もなく実験が開始された。
目隠しをされてベッドに横たわった彼は、血液を抜き取るために足の全指先を小さく切開された。足元には容器が用意され、血液が滴り落ちる音が鳴り響く実験室の中で、1時間毎に累積出血量を聞かされた。
やがて実験開始から5時間が経ち、総出血量が体重の10%を越えたと医師が大喜びした時、この死刑囚は死亡していたという。
ところが、この実験、実は血液を抜き取っていなかったのだ。
彼にはただの水滴の音を聞かせ、体内の血液が失われていると思い込ませただけだったのである。
これを「プラシーボ」に対して「ノーシーボ効果」という。
人間のこころは不思議だ。
治ると信じることで「プラシーボ」が現れるように、治らないと信じることで「ノーシーボ」という現象が生まれる。

「治らない」という思い込みからは何も生まれません。絶対に治すんだと強い気持ちを持ち治療を受ける。出来る限り日常生活動作を維持し、気分転換をする。治療する側はどこに問題があるのか探り、なるべく早く痛みを軽減させる。

act therapy explanation