幸せホルモンセロトニン

LINEで送る
Pocket

最近注目されているセロトニンというホルモンはご存知でしょうか?
このホルモンは幸せホルモンと言われることもあるんです。
なぜ幸せホルモンと言われるのか、どうしたら分泌を増やすことができるのかを今回は書いてみます。

セロトニンとは脳内伝達物質の一つで、アドレナリンドーパミンの二つが過剰になって暴走しないように調整していたり、気分や食欲、睡眠、痛みをコントロールしています。

ストレスがかかると放出されるノルアドレナリンは自律神経に働きかけて心拍数を上げたり、血液量を増やしたりして身体が活動しやすい状態を作ります。
一方、ストレスになるような辛い状況を乗り越えたときの達成感、嬉しい気持ち、快感をもたらすのがドーパミンで、この二つをコントロールして気持ちを安定させるのがセロトニンです。
ストレスによる心身のダメージを減らすにはそれぞれの脳内物質のバランスが重要です。

セロトニンが不足すると気分が落ち込んだり、食欲がおかしくなったり、寝付きが悪くなったり、痛みのコントロールがしにくくなったりと生きていく上で不快な状態になります。ですから、セロトニンの分泌を増やすことはそれらの不快な状態を抑えることができるため、幸せホルモンと言われているのですね。

しかしながら日本人はセロトニンの利用があまり上手くないことが研究で分かってきました。ですから心と体の安定をはかるためにもセロトニンは意識してみたほうが良いかもしれません。

ではどの様にしたらセロトニンの分泌が増えるのでしょうか?

セロトニンの分泌を増やすには

  • 太陽の光を浴びる(特に朝日)
  • リズム運動 歩行、呼吸、踏み台昇降、手振運動など
  • 食べ物をよく噛む(咀嚼)
  • グルーミング スキンシップ、マッサージなど
  • 親しい人との会話
  • 湯船にしっかり浸かる
  • 日本古来の呼吸方法

などがあります。
どれも少し頑張ればできそうですね。
これらは毎日でなくてもいいので、とにかく続けることです。全部やる必要もありません。

書籍「セロトニン脳」健康法によれば、昭和の時代の様な生活がセロトニンの分泌を促していたとのこと。そう言えば昭和の時代の生活ってなんだか良かったような気がしますね(笑)

あなたも今日から幸せホルモンセロトニンを増やす生活をしてみませんか?

参考図書「セロトニン脳」健康法

***************************************************************************************************
【おおしま整体院(接骨院)のご案内】

【施術時間】
午前9:00~12:00 午後14:00~18:30(土日は17:30) 水曜定休その他都合でお休み

【場所】
埼玉県蓮田市末広2-1-2
JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅西口徒歩1-2分、ダッシュ30秒

【電話】
048-764-1190

初めての方へ 
施術時間アクセス(駐車場8台分あり)
患者さんの喜びの声
施術費用
施術者紹介
よくある質問など

※予約制ではなく来院してお待ち頂いた方から順番で施術をしています。
予約制かどうかの電話は必要ありませんので施術時間内にご来院ください。
また「いつが混んでいるか?」と度々質問をされますがいつが混んでいるかはわかりません。
※保険診療でできることには限りがあり、より良い施術を提供したいという思いから当院では保険診療は行っておりません。
※交通事故の治療は全て自賠責保険を使用しての治療になります。健康保険を使用しての事故の治療は行っておりません。

LINEで送る
Pocket

糖質の過剰摂取と筋肉痛

LINEで送る
Pocket

糖質の過剰摂取と様々な症状については近頃色々なメディアで言われるようになりましたから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

昔と違い、現代の人々は食生活に問題を抱えている方が多いです。特に大きい問題は糖質の過剰摂取です。

糖質の過剰摂取は低血糖症を引き起こします。そしてインスリンの過剰分泌が起こるようになると、糖代謝や血糖値を上昇させる各ホルモンの分泌が亢進します。この際体内に蓄えられているタンパク質ビタミンミネラルなどが消費されてしまいます。

更に、白米やパンなどの糖質主体の食品には体に必要なビタミンやミネラルがほとんど含まれていませんから、糖質を過剰に摂取する食生活を送っている方は栄養欠乏も起こしてしまいます。(糖質の代謝にはビタミンB1、B2、カルシウム等を消費)

書籍「心療内科に行く前に食事を変えなさい」によると、体調不良を訴えて心療内科を訪れた300人中なんと296人が糖負荷試験の結果、低血糖症だったといいます。

また、栄養成分を見てもらうとわかりますが、昔の食物に比べて現代の野菜などはミネラルの含有量が非常に少なくなっているそうです。

ただでさえミネラルの摂取が不足しているのに、糖質を大量に摂取すれば、ミネラル不足になるのは容易に想像できますね。

糖質の過剰摂取 = ビタミンB1、B2、カルシウム等の欠乏。

糖質の過剰摂取 → 血糖値急上昇 → インスリン分泌 → 血糖値急降下 → アドレナリンノルアドレナリン糖質コルチコイドなどが分泌 → 血糖値上昇 → 糖質を摂取する度繰り返す

低血糖症になった結果交感神経が興奮を続ける状態になってしまい、その結果異常な疲労感、昼食後の眠気、集中力の欠如、めまいふらつき物忘れが酷い、目のかすみ、日光がまぶしい、甘いものが欲しくなる胃腸が弱い、口臭、起床時の疲れ、偏頭痛手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸がする、頻脈、狭心症に似た症状、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなど、様々な症状が出てきてしまうのですね。

興味がある方は「低血糖症 症状」や「低血糖症 筋痛」などで調べてください。

清涼飲料水お菓子加工食品などにはたくさんの砂糖が使われています。全く摂るなとは言いませんが、痛みがなかなか引かない方はこういうこともあるのだと頭の片隅に入れておいてくださいね。

フルーツタルト

LINEで送る
Pocket